<< ご用心!50代でにじみ出てきてしまう! | main | スカッとするメッセージ、頂きました >>

「与える法則」のトリコになろうぜぇ

0

    瀧本です。


    深夜2時過ぎにお説法。笑笑




    私は出張先のホテルでは
    必ずマッサージをお願いします。




    「お名前を聞いた時、びっくりしました。
    ひょっとして、この瀧本先生ですか?」


    と、ご自身の携帯を私へ見せてくれました。
    そこにあったのは私のブログのトップページ。




    あ、そーです。笑笑




    シャワー上がりで、
    髪の毛もタオルドライしただけの
    モッサモサ&スッピン&パジャマ姿。


    なんとも失礼な格好でのご挨拶となりました。
    ( ̄▽ ̄)




    お弟子さんのブログも読んでいます、とのこと。


    私が更新したブログを読んだ弟子たちが
    その内容を個々の思いで受け取り発信。


    彼女たちの素直な感覚により
    仏説に広がりがくわわっている
    読み応えのあるブログ。


    ミチコさん、
    レイコさん、
    ノンさん、
    キクエさん、
    としみさん、


    という名前が、初めてお会いした方の口から
    出てきたのは、ちょっと驚き。
    とても嬉しかった!
    (あなた達よ、すごいねー。)




    マッサージでお疲れをとられる時間に
    お仕事の話をしてすみません…と言われたけれど
    私としても大いなる喜び。




    「この世には与える法則というのが
    あるんですよ。」




    ゴッドハンドに癒されながら
    大宇宙の法則のお話をしました。






    宇宙には循環のプロセスがある。
    いつもここで書いている因果の法則だ。




    そして、さらに詳しく説明するなら、
    それには方向があるということ。




    宇宙は常に循環している。




    私は誰かと会うときは必ず何かを与えることを
    決意しています。


    何もそれは物のカタチを取る必要はなく
    褒め言葉や笑顔でもいい。
    祝福であったり、時には「注意」という
    カタチになるときもある。




    実際、最も力強いのはカタチのないもの。


    愛情や感謝は、我々が与えられる中で
    最も価値あるものです。




    愛情を与えることができた時に得るものは
    同じ大きさの愛情。




    労いの言葉を与えることが出来た時には
    同じ大きさの労いの言葉を得る。




    この与える法則によって得られるものは
    与えたものと同じもの。




    笑顔をあたえたなら、笑顔を得、


    感謝なら、感謝。


    実はこれ、お金も同じです。
    お金、というものも、お金を出す人へ
    必ず戻ってくる。




    ずいぶんと昔、こんなことがありました。


    先輩と出かけた時、あるハプニングがあり
    出先から戻る手段がタクシーとなり
    私は心の中で
    (タクシー代は私が払わせてもらおう)と。




    メーターは約2万円!!!
    正直、とても大きな金額です。




    (いや、いつもお世話になっているから
    ここくらいは頑張ってお支払いしよう!
    頑張れ、光静!( ̄▽ ̄))




    先輩、私に払わせて下さい!




    これを言えた自分に乾杯!




    その先輩はいわゆる「超」がつくお金持ち。
    タクシー代など屁でもない人。笑笑
    いつも何処へでもタクシーで行かれる。


    それを分かってはいたけれど、
    便乗精神とたたかって「私が払います」
    と言い、事実そうしました。




    お金に余裕がなかったあの頃
    2万円…大金だけれど、
    何かを節約すれば出せる金額…
    えいやっ!


    そんな感じでしたね。笑笑
    とてもよく覚えています。




    その数年後、先輩と再会。
    その時にこう言われ、身の丈ではない程の金額を
    お祝いに包んでくださいました。それは




    「覚えてるか?タクシー代のこと。
    タキちゃんからすればかなり痛い出費
    やったやろうに。
    循環の法則を知ってのことか?」


    当時の私には
    タクシー代に2万円を使うなんて
    あり得ない金額でした、ホント。笑


    何十万円にも匹敵する感覚。




    その何十万円、のお祝いを下さったんです。






    この「与える法則」は、実際に与えた分量
    ではなく、分量に対する感覚、つまり
    「頑張った度」が
    どうやら反映するように思います。



    宇宙は「先払いの法則」です。
    そう、「与える法則」のこと。


    因果には順番があるのです。




    無いから出さない、のではなく
    与えられる範囲で与える。




    この先払いの法則は
    常に正確に作動しています。






    ムカつくなぁ〜この人!


    と思っている人へ、こちらから出しにくい笑顔。
    睨みつけてやりたい!




    そこを頑張って出してみる!
    そう笑顔を。


    頑張って言ってみる!
    「おはようございます」




    喧嘩した相手へ頑張って出してみる!
    そう、ごめんなさいの言葉を。




    この「頑張った度」の与えた分だけ
    大きく得られるのはこちらです。




    いや、私こそ本当にごめんね、
    実は最近辛いことがあってさ…


    と心の内を知らせてくれるかもしれません。






    宇宙には、こういう
    「与える法則」が今も働いてる。




    =得たいものがあるならまず与える=


    この法則を知って以来、私は
    ならば与えられるモノがあれば
    ギリギリのところまで与える実践を
    やっちゃえ〜〜!与える法則、万歳!と
    ずっと意識し始めました。


    お財布に3千円しかない時は
    2千円だしちゃう。あとはどうにかなる!


    全部出してしまうこともありました。笑笑
    そうする、と決めたので迷いなし。




    今、フと思い出した松下幸之助さんの言葉。
    昔、よくデスクにはってました。書いとこ。笑
    「知恵を出せ!
    知恵の出ないものは汗を出せ!
    知恵も汗も出せないものは静かに去れ」





    「思うように人生って運ばれないですね。
    なかなか難しいです…」という
    マッサージ師さんの言葉から
    昨夜はこのようなお話しに。




    施術終了と共にお話も終わった時、
    「先生のブログで、笑顔が幸せの源、と
    学んでおきながら、

    笑顔で挨拶してくれてもいいじゃない?
    と反抗期の息子や夫に言ってました。
    勘違いもいいとこですね。

    結婚記念日に何も買ってくれない、と
    グチっていましたが、今年は私が小遣いで
    夫へプレゼントしようと思います。」


    決心して実践した分量に応じた幸せな空気感に
    きっと彼女は包まれると思います。





    私たちは宝物を沢山持っています。
    目、口、両手、心で
    沢山の宝物を表現できます。


    そして時にはモノ。

    道端の一輪の花でもいい。
    ほんの少しのお金でもいい。


    出し惜しみ、
    それはどうやら幸せから
    一番遠い心の働きのようです。


    自分をよーーーく観察すると
    宝物をいっぱい持っています。(^^)



    =明珠在掌=
    みょうじゅたなごごろにあり

    上記全貌を表現する言葉です。


    おっと。
    長崎空港への移動時間だ。
    ボチボチ出かけるとします。


    それではステキな1日を。
    ……光静……
    このブログを弟子たちはどんな風に
    感じ取って表現してくれるでしょう?
    お楽しみに。(^^)



     

    おしょーにん * - * 09:37 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ