<< 決めつける心が現れたら、この言葉で撃退せよ! | main | ご用心!50代でにじみ出てきてしまう! >>

「悩み」の解決方法は「悩まない事」(^^)

0

    瀧本です。


    すぐに悩んでしまって決断出来ない時、
    どうすればいいですか?というご相談を
    昨日の懇親会で受けました。
    シェアしておきます。




    「悩む、とは、一つの趣味だよ〜」というと
    この一言で、ハッと気付いたご様子。笑




    悩みとは、
    どっちでもいいという言葉の

    代弁語だと解釈するとスッキリします。




    離婚しようか、でも、自分一人で生きられるか…
    決められない。




    転職しようか、でも、次の仕事が見つかるのか…
    決められない。




    こういう時は
    本当の「こうしたい」の答えにまとまっていくまで
    忘れておけばいい。




    悩みを終える、とは
    答えを出す、のではなく、
    (あぁ、今はどっちでもいい、と
    私の深層心理は思っているのだな。
    では、心がまとまるまで忘れておこう)
    と天秤思考を止めること。




    いずれ、本当に忘れてしまうか
    絶対にこうしたい、と思うか
    どちらかにまとまっていきます。




    頭で考えると、自分がどうしたいのかという
    「思い」ではなく
    「条件」で比較してしまいます。
    条件は環境と共に常に変化しているので
    いつまでたっても答えがまとまらないもの。






    転職をしたい、でも……




    と、まだ「でも」が心にでてくるなら
    考えることを止めること。




    何が何でも、
    食べれなくても、
    誰が反対しようが転職したい!


    このように心が究極に決まったなら
    行動すればいい。
    我々の頭は、中途半端な回答を好まないので
    忘れる。か、絶対にこうがいい!の
    どちらかの答えを、いずれ出してくれます。




    悩みがでたら、忘れる。
    心が一つにまとまったら、
    無意識が表面意識にあげてきてくれます。




    悩み、とは存在するものではなく
    心の遊びです。




    どちらでもいい、という心境なのに
    これは大きな悩みだ!と勘違いをして
    人に相談をして急いで絞り込んでも
    条件を前提とした決断であれば
    後から悶々としてしまうもの。




    無意識、という大きな力にお任せして
    答えを出してくれるまで
    私たちは忘れておけばいいのです。
    ベストタイミングになったら
    心はちゃんと教えてくれます。
    頭より、心を信じること。




    私の心が僧侶になろうと決めたとき、
    猛反対を受けましたが、
    頭の条件ではなく、心が決心してくれたので
    行動は加速しました。笑笑


    心の決心は、条件の入り込む余地を与えません。
    今回の命は、僧として法話を説き続ける。
    ずーーっと揺らがない。



    悩んだ時にすべきこと、


    それは




    悩むことを止めること!




    悩むことを止めると、
    今すべき大事なことが浮き彫りになってきます。




    仏教では、悩む状態を妄想
    といいます。
    そしてー悩みを止め、今に集中する。
    これを瞑想といいます。


    さ、




    とりあえず、忘れましょう。


    ベストタイミングな時、
    ちゃんと心はあなたに答えを感じさせてくれます。






    さて、と。
    今から九州に4日間ほど行ってきます。


    それではステキな1日を!
    ……光静……


    なんだかホッコリするイラスト。笑
    専属デザイナーのミィちゃんが
    たたき台でイメージしてくれました。


    私の法話CDのジャケットイメージです。







     

    おしょーにん * - * 10:28 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ