<< 後で感じる安堵感が人生の物差し | main | 世界は全て「ただいまぁ」でできている >>

どの計算式がお好き?

0

    瀧本です。


    とかく我々は足し算が好きな生き物。


    いわゆる「計算」というものは
    足し算の他にもあるのだ。




    割り算、掛け算、引き算




    仏教が推薦しているのはもっぱら
    引き算である。




    これがあれば幸せ、という「足し算煩悩」を
    求める心を手放す、という「引き算煩悩」へ
    シフトできる教えがてんこ盛り。


    これこそ
    我々の人生の最大の課題のように思う。


    手放す





    先日、電車の中で、大阪のおばちゃん達が
    (私もとうに大阪のおばちゃん入りだけど。笑)


    「食欲の秋やなぁ。また太るわ!」と
    横並びに座っている人と話に花を咲かせてた。


    相手の方が言った言葉に私はクスクスした。


    「あのな、あんた、テレビショッピングで
    やってたんやけどな、これ、買ってん」




    とサブレのようなお菓子?を鞄から取り出して




    これ食べたら痩せるんやで



    と、食べてみ!と勧めてた。笑笑




    痩せたいのに食べる( ̄▽ ̄)
    ここにも足し算が働く。


    食べたら痩せる??
    その為にお金を使う??




    食べなきゃいいんですよ、
    大阪のおばちゃん達よ!
    食べ物にお金を使わなければいいんですよ、
    おばちゃん達よ!






    仏教はとにかく引き算のみ。
    これが幸せにつながる。




    ごちゃごちゃした部屋ではなく
    スッキリした部屋が気持ちいい。




    思考も同じことだ。




    自分を変えようと思ったら、
    何を始めようか?と考えるけれど、
    同時に思考すべきは、
    習慣になっている何かをやめること。




    仏教は「習慣の何かをやめる」という対象に
    思考の習慣を指摘する。





    ほとんど不要な思考ばかりに時間をとられ
    大切な心はチリに埋もれてる。


    さ、勇気を出して決断を。


    これをしないぞ!という引き算の決断だ。





    今、ランチ後のコーヒータイム?


    一度、そう考えてみてください。






    大阪のおばちゃん達よ、
    痩せる為に食べる、というちぐはぐを
    やめてみよう!笑笑


    それではステキな午後を!
    ……光静……






     

    おしょーにん * - * 12:48 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ