<< 今の苦しさ、じっくり味わうが大吉!という教え | main | どの計算式がお好き? >>

後で感じる安堵感が人生の物差し

0

    瀧本です。

    最近、帰宅した時に


    はぁ〜〜


    帰ってきたぁ〜〜〜〜


    クゥ〜〜〜〜ッ


    と大の字で伸びをする。
    何とも言えない気持ち良さと幸せ感に浸る。


    その時、いつも思う。




    (いい生き方だぞ!光静よ!)






    人は気分転換や、楽しみを求め旅に出る。
    旅先で五感をフル活用し、
    新たなモノを発見したり
    新鮮な思考が生まれ、願わくば
    連想して行われる日常の判断に
    新たな解釈がもたらされのは
    旅の醍醐味だ。


    こういう旅の後の帰宅時には
    出発前よりも、妙に我が家が
    安心感を与えてくれる場所になっている。




    だけれど、
    旅先で充分な余暇を味わわず
    目の前に広がる景色に心動かさず
    日頃の思考に囚われたまま旅を終えると
    心の変化など全くなく、久しぶりに帰った
    我が家という空間も
    何の変化も感じさせてはくれない。




    家に帰った瞬間の感覚、つまり
    玄関に入って荷物を置いた時の心が
    どれほどの安堵感を感じているか。


    ここが、外界での活動内容の質を計れる
    貴重なタイミングだと私は思っている。




    帰家穏座
    (きかおんざ)



    以前、飲食店の名前にするから、と
    この言葉を書にしてほしい、との仕事を
    受けたことがある。




    帰ってきたぞー
    安らぐなぁ〜




    と、お店のお客さんが来店した時に
    そう感じてもらえる空間作りを目指した
    オーナーの愛情から命名。




    外の世界で頑張った分だけ、
    帰って来た時の喜びも大きいというもの。




    仕事も、遊びも、旅も、何もかも
    やはり本気で過ごすのがいい。




    この言葉の真髄が指し示すのは
    悟りの境地、精神的領域なのだけれど
    私個人的には、
    日常に引き寄せて味わいたいので
    帰宅時の玄関を開けるときの心の感覚を
    逃さずキャッチする指針にしている。


    さ、
    今日、仕事を終えた後の私の家は
    どんな安らぎを与えてくれるだろう。
    きっと大きな安堵で包んでくれるだろう。


    それは、私次第だ。


    ワクワクする!笑


    はぁ〜〜


    気持ちいい〜〜


    と笑顔で伸びができるよう
    全力で今日を生きようと思う。


    それでは力強い歩みの1日を!
    ……光静……



     

    おしょーにん * - * 09:26 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ