<< こんな解釈はいかが? | main | 今の苦しさ、じっくり味わうが大吉!という教え >>

W杯の解説者よ、プチ悟りをありがとう!

0

    瀧本です。
    スポーツを生で観戦すると二度美味しい。
    テレビ等で特番が組まれるので
    ハイライトを解説付きで更に楽しめる。


    W杯開幕戦、鳥肌が何度もたった。
    最高の席だったこともあるけれど、
    感想ではなく、W杯がもたらしてくれた
    爽やかな気付きをここに。




    二度目の楽しみ、つまり特番で解説者が
    日本代表のハイライトシーンで
    こう言った。




    見事に相手の強味を
    つぶして進んでいますね






    このシンプルな解説に心を打たれた。




    メモに残そう、とペンをとった私を
    一緒に観ていた数名の友人の一人が
    「ラグビーで勉強?今の解説で
    何か気付いたのか?」と聞くので
    プチ法話会になった。






    =相手の強味をつぶして進む=


    これを聞いた時、とても気持ち良かった!
    なぜ?
    それは「戦って勝利へ導く戦略」は、




    =相手の弱点をついて進む=


    が多いように私は思っていたからだ。
    いつのまにか無意識のうちに。




    黒幕が登場する取り引きをテーマにした映画の
    ほとんどが、相手の弱点をエサにして
    交渉してナンボ!みたいに構成されているから
    だろうか?笑




    いや、我々の中にある基本欲求だ。
    自分を認めてもらうために、相手の立場を
    下げようとする心理は幼児期から働く。




    誰かの陰口を言うことで、
    自分へ注目を集められるのではないか、と
    未熟な承認欲が盛んな時期がある。




    その名残が心のどこかにまだあったから
    解説者の言葉にハッとしたのかもしれない。






    相手の弱味をつく、のではなく、
    相手の強味をつぶす。




    ん〜〜!やはり気持ちいい!




    これは、
    相手の強味を知っている者にしか出来ない。


    自分より相手の優れているところをまず知る。
    つまり、まず相手を深く認めるということだ。




    先日、
    「同僚に弱みを出したら負けそうで、
    そして相手も弱みを隠している。
    こういう汚れた人間関係に疲れたんです。
    苦労しても企画は採用されない…」


    と、番組企画をしている人からの相談があった。

    見るところを変えたらいい、と言ったばかり。


    「弱みの隠しあい、という意味のない勝負を
    している間は、双方の企画は絶対通らない。

    きっとどちらも魅力がない。


    そうではなく
    互いの強味を出し合って挑めば、
    必ず傑作になっていくはず」






    =強味を更に進化させる=






    理想の人生の進み方。




    物事には必ずプラスとマイナスが共存してる。
    陰陽のバランス。だからどちらも大切。


    どちらも大切、だけれど、
    どちらを意識していくのか、が人生を分ける。




    夫婦関係の相談で、夫のアレが嫌、ここが嫌い
    と並べる人へ「夫のプラス面は?」と聞くと
    最初は絞り出すようであっても、案外でてくる。


    そして、当然のように、
    プラス面を意識して互いに暮らすと
    生活が突然ステキになる!当たり前だ。
    脳は同時に2つのことを思考できない。






    常に見るのは強味。


    見て認め合い、学び、共に進化する。







    珍しくはないこの言葉、
    よく見聞きするこの言葉が、改めて
    新鮮なパワーを得て、私に入ってきた。
    きっと大きな意味がある。




    お釈迦さまの言葉。こう言われます。


    自分の何が強味なのか、
    それがわからなくても
    「わからなくとも我は進む」を強味とせよ。
    犀のごとく







    時に我々は、自分の情けない一点に支配され
    心を沈めてしまいます。


    けれど、それは陰陽の陰。
    陽があっての陰ということ。




    陰を隠す?修正する?
    そうではなく、
    陽を育てる、強化する!
    がステキだ。




    解説者の一言で、浮かんだ内容を一気に
    書き留めた。笑笑





    瀧本、今日から犀になります。笑笑


    それにしても、犀…( ̄▽ ̄)
    なぜ、表現に犀を使われたのだろう???
    (色気ないなぁ。)

    それではステキな1日を!
    ……光静……

    ラグビー選手の皆さんは
    犀どころか闘牛のようでした。
    カッコよさに痺れまくりました!笑


    国境なき犀!笑





















     

    おしょーにん * - * 09:42 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ