<< つりあってなかったら人生が大惨事になっちゃう | main | ほんの一部の見解で世界を知った気になる煩悩は怖い! >>

お天道様はあなたをガン見しています。

0

    瀧本です。
    ………………
    夜遅くにある男が代官の家を訪ねました。


    どうした?こんな時間に。




    はい、お渡ししたいモノがあり参りました。
    お納めください…




    積まれたのは札束。
    人事発表で役員を決定する日が近い。




    「お前、こんなことをして大丈夫なのか?」




    『代官さま、大丈夫でございます』




    「なら、聞こう。人の目につかないような
    こんな時間に訪ねてくるということは
    他に見られてはいけないことだ、という認識が
    あるからだろう?」




    『御心配はいりません。
    道中、誰ともすれ違っておりませんし
    このことは誰も知りません。』




    こう言った後輩に向かって、代官は


    「よく聞きなさい。
    どれほど巧みに隠しても
    “四知”なのだ、お前よ。」


    と、後輩の生き様がいかに哀れでかるか、を
    教えました。
    ……………………


    さて、この四知=しち


    一体なんのことなのでしょう?
    代官の言葉はこう続きます。
    …………………………


    「誰も見ていないだと?
    とんでもないのだよ。


    いいか?
    お前が歩んでいるところを天は光を当てながら
    全てを見ていた。
    お前のすべての歩みを地は感じ知っている。」




    『え?いえ、しかし、誰にもバレていません』




    「絶対にバレてはいけない相手にバレている。
    それは、私だ。
    お前がこういうことをする人間である、と
    私にバレてしまったのだ。気の毒に…


    そしてもう一人は、お前自身なのだ。


    バレなければいい、というが、
    お前自身を騙すことはできない。」
    …………………………




    仏教では十悪といって、10種類の悪いことを
    提示しているのですが、その中で、
    なんと4項目も『舌』が占めているんです。


    妄語もうご=嘘をつく
    両舌りょうぜつ=前後矛盾したことを言う
    悪口あっく=わるぐちを言う
    綺語きご=無駄口をする






    気をつけて心を見張っておかないと
    我々はすぐにこの4つのどれかを働きます。
    ( ̄▽ ̄)


    誰にも見られていないなら…
    気づかれていないなら…


    そう思う心は誰にでも潜んでます。
    が!


    忘れてはいけませーん!




    因果の法則があなたを見ています





    上司にバレるより
    お巡りさんにバレるより
    もっともっと恐ろしい
    誰にバレるよりも恐ろしい因果の法則!


    やったことは必ず返ってくる。




    まさに、天知る、地知る、ですね。




    人が見ていなくても
    悪いことをすると自分に戻るから、


    人が見ていなくても、
    良いことをすると自分に戻るから、




    良いことをずーーーっとやっていきたいな。
    ずーーーっと良いことを行いたい。
    行い続けたいな。




    受刑者の教育をしているとき、いつも思う。
    この『バレさえしなければ』という
    魔物に支配されてしまったんだな、と。




    バレないことなんて、この世には一つもありません


    おそるべし因果の法則!


    改めて心に留めておきたいなって思います。
    さて、と。大阪に戻りまーす。




    それではステキな種まきになる一日を!
    ……光静……









     

    おしょーにん * - * 09:19 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ