<< 大事な時間軸は2点、ということ | main | うっとうしい奴がいる!という時はこちらが変身するといい >>

ガラクタ集めにご用心

0

    瀧本です。
    夜中に沢山のご相談メールがきていました。
    その中から一つを。

    全てを取り上げられるといいのですが
    なかなか時間がとれないので
    今後、弟子たちにいくつかご相談内容を託し
    彼女たちのブログからも発信しようと思います。
    (これを読んで、弟子たちはビビってる?笑)


    内容を私なりにまとめてご紹介すると
    気分をすっきりしたくて、あれこれ気分転換を
    試して、一時は気分よくなるけれど
    またすぐに心がモヤモヤしてしまう。
    その繰り返しがとても悲しく感じ、辛く
    これらから脱出する知恵を知りたい、

    こういう内容です。

    さて、と。
    こんなエピソードをお話ししましょうね。

    ある一つの部屋がありました。
    窓もない四角い部屋はとても綺麗でした。
    住人は美しく広い部屋に満足していました。

    が、何となく窓が欲しくなり作ってみると
    光が射しこみ更に大満足。そして
    光を調整できるカーテンを設置します。

    カーテンが揺れる部屋の隅っこに
    花瓶を起き、美しいお花を飾りました。
    冬に控え、反対側の壁に暖炉も作りました。

    暖炉の左右には絵画を。
    部屋の真ん中にテーブルを、
    テーブルの上にはランプを。

    新しいアイテムが増えるたび
    新鮮な気分になったような喜びが。

    美しいと思うものをどんどん集め
    部屋は宝物で埋め尽くされました。

    すると、突然怖くなってきたのです。

    (これらを盗まれはしないだろうか)



    そして部屋の主は、盗まれないように
    窓を閉め、元の壁にもどしてしまった。

    真っ暗になった部屋。

    モノが溢れているため、部屋の中を
    自由に歩くことができなくなり
    不自由な空間で過ごすこととなった・・・




    こんなお話しです。
    (なんの本だったかは忘れましたが
    昔読んで印象に残った仏教本にあった話です)

    このように、我々はせっせとエゴを集めます。
    エゴが存分に働いている時は、
    その有り様が、どんどん本来の自分から
    遠のいていってしまっていることに
    気付くことはむつかしい。

    そしていつしか
    好んで集めたはずのエゴによって支配され、
    身動きがとれなくなってしまいます。

    このエピソードに登場する「モノ達」は
    心のエゴのこと。

    大切だ、と信じて手放さなかったエゴは
    やがて心の中で山積みになって
    ある日、気付きます。(これらはガラクタだ)と。
    そしてその状態を「自分」と定義し
    耐えられなくなった時に、悲しく辛くなります。


    私達は気分転換のために、
    楽しさを探したり
    何かを買ってみたり、
    何かを体験してみたりします。

    これらがダメと言っているのではなく

    本来、思考すべき「本質」が
    どんどん見えなくなってしまう、
    ということ。


    じゃあどうすればいいのさ!!
    となりますね。


    見つけるのです。

    何を?


    囚われている原因を、です。


    モノにしろ、思考にしろ
    我々は「取り入れ」に精を出します。
    けれどお釈迦様は、反対なんだよ、と。

    外界から何かをとり入れることで
    気分を新しくする、という手法ではなく
    内界から何かを取り去ることで
    気分を新しくする、ということ。


    たいていの犯人は
    「不安」と「怒り」です。


    何を不安に思っているのかな?
    ・・と不安をリサーチ。そして
    そうだ、不安は未来の副産物だったな!


    何に怒りを感じているのかな?
    ・・と怒りをリサーチ。そして
    そうだ、怒りは過去の副産物だったな!

    と、「取り去る作業」が大事。

    そして「今」をしっかり見ると、
    それらが入り込む隙など無くなっています。

    まずは「今」のこのままでOKだと自分に言おう。


    モヤモヤしている自分でOKだよ、
    モヤモヤのどこが悪い?!
    と言っているのではありませんー。
    間違わないで。


    本来はモヤモヤなど存在していないのに「何かをとり入れなくちゃ」
    「今のままじゃダメだ」の思考そのものが

    モヤモヤの犯人なんだよ〜ということ。




    もう一度、四隅が見えるスッキリした部屋へ
    もどす作業が好ましい。( *´艸`)


    まずはステップを。
    慣れ親しんだ「モヤモヤする・・」
    の思考が出現したら

    怒り?それとも不安?と分析を。
    たいていの場合は、焦りからくる不安です。


    じゃ、
    不安という犯人の活動エネルギーはというと
    「他人との比較」
    「自分は劣っている」という誤認です。


    これらは厄介。どれほど素晴らしい人でも
    比較という魔物にひっかかったら
    必ず「劣った人」になっちゃいます。

    何事も深刻になったら抜け出せませんね。


    メールをくれたSさん。
    まずはお釈迦さま流、以下のステップを。

    1:今のモヤモヤ状態に対し
    (お?また「今のままじゃダメだ思考」が動いたな?
    好きだねぇ〜あんたも!(笑))
    と思考を客観視。


    2:心が反応する対象を一個ずつ検証。
    (タイムトリップが好きだねぇ、まだまだ。(笑)
    過去かな?未来かな?)
    と、客観視&時間軸のリサーチ


    3:発見できたら自分へ何度も言う
    「今」の自分には関係ねぇ〜ぜぇ、と。(笑)
    バッサリ切る!


    まずはこの実践を。
    心を主観視から客観視へ切り替えられると
    他人を見ているようで笑けてきますよー。

    私はいつも「自分の愚かな心」と
    客観視して対話しています。
    お試しあれ!

    それではステキな一日を!

    ……光静……



     

    おしょーにん * - * 10:38 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ