<< ガラクタ集めにご用心 | main | 釈迦流!たったこれだけで衝突が消える技。 >>

うっとうしい奴がいる!という時はこちらが変身するといい

0

    瀧本です。
    今日もご相談にお答えします。
    ・・・・・・・・

    会社でどうしても会いたくない先輩がいます。
    何かにつけて目の敵のように叱ってきます。
    上司のことを悪く言ったと思えば、次は私のこと。
    仕事はできる人なので逆らうことも出来ず。
    今の仕事が好きなので転職はしたくないのですが
    もう限界。仕事探しを始めました。
    自分の行いに何か問題があったのでは?と
    振り返ってみましたが、他の先輩たちは
    「あの人はずっとあんな調子の人だから気にするな」
    と励ましてくださいますが。
    ・・・・・・・・・・・・・


    それは毎日の出社が楽しくないですね。
    せっかく好きな仕事に就けているいるのに
    とてもお気の毒に思います。

    こんなお話しをしましょう。


    人の性質は、ちょうど入り口のわからない藪のように
    わかりにくいのです。


    お釈迦さまの言葉を続けましょうね。
    お釈迦さまは、わかりにくい性質の人を区分して
    次の4種類とされました。

    一つには、自ら苦しむ人で、
    間違った教えを受けて苦行する


    二つには、他人を苦しめる人で、
    殺したり盗んだりその他むごい仕業をする


    三つには、
    自ら苦しむとともに他人をも苦しめる人である


    四つには、
    自らも苦しまず、また他人をも苦しめない人で
    安らかに生き、教えを守り殺すことなく盗むことなく
    清らかな行いをする人である
    ・・・・・・・・・・・・・・・・

    さて、
    その先輩は何番目でしょうね?

    二番目だと思われましたか?

    私は3番目だと思います。
    自他ともに苦しめる人、です。
    先輩も間違いなく苦しんでいます。

    なぜなら、後輩にも上司にも悪い口を使う。
    これはもはや、
    社内では愛されないポジションを築いた証拠。

    孤独なのです。ひとりぼっちなのです。

    孤独だから、些細なあなたのミスを見つけ
    話しかけているのでしょう。
    会話の手段を間違えているのです。


    そしてあなたは、というと、愛されています。

    他の先輩達は気にするなと言ってくれるのですね?
    だったら気にしないことです。



    あなたが自ら1番目の人にならなくていい。
    1番目とは、自ら苦しむ人、です。
    間違った考えによって苦行をしているようなもの。


    あなたは4番目の人になればいい。
    清らかな行いをする人でいればいいのです。


    厳しい口調で相手が向かってきても
    業務連絡であるなら、注意を払うのは
    指示の内容であって、相手の表情や口調
    ではありません。


    むしろ、
    相手の表情や口調に気を取られていると
    それこそ、業務的ミスをする可能性もある
    というもの。



    私あてに今回の相談を書いたのは
    会社のデスクですか?おそらく違いますね。
    おうちのソファに座っているか、
    ひょっとしたら心地いいカフェの中から
    なのかもしれません。


    要は、本来は「安らぐ時間」に苦手な先輩
    のことを思い出しているのでしょう。

    もったいない!もったいない!


    では、今その先輩は?というと、間違いなく
    あなたのことを思い出していません。
    天気がいい今日は、お散歩したり
    お買い物に行っているかもしれません。


    そう考えると、バカバカしいですよね。

    確かにその先輩のコミュニケーション方法は
    清らかではないと思います。
    望ましい立ち会い方を見いだせないで
    いるのでしょうね。

    あなたが見せてあげればいい。


    朗らかに周りと溶け合うような会話を
    学ばせてあげるのです。

    その行いが種となって、必ず問題は
    薄れていくはずです。


    更にお釈迦さまは
    この世には三種の人がある、と言われます。


    一つは岩に刻んだ文字のような人

    二つは砂に書いた文字のような人

    三つは水に書いた文字のような人


    岩に刻む、とは、怒りを覚えた内容を
    刻み込んだかのように長期間、所有する人で

    砂の文字は、ある時間がたてば、
    サラサラと忘れ去ることができる人。


    では水の文字の人、とは?

    そもそも水には書くことなどできない。
    つまり、人から不快なことを言われても、
    少しも心に留めることなく常に温和な
    心の状態である人のことです。


    さぁ、選択は自由。
    人はなりたい自分になれます。

    きっと
    四種の性質のお話しからは4番目を。
    文字のお話しからは3番目の水を
    選ばれますよね。( *´艸`)


    これを読まれた瞬間から
    楽しい目の前のことに心を向けて。
    そう決めると、そうできます。さ、変身!

    素敵な週末をが待っています。


    撒いた種の通りにお花は咲きます。

    ・・・・光静・・・・

    お知らせです。

    数年前に開いたウエブサロン。
    過去の講演会が全部収録されています。
    今後も申し込みはできるのですが、
    DMMさんのシステム変更により
    明日以降のお申込みに方は、過去の
    動画がみることができません。。
    これにはビックリです!!

    勿論、今後ライブする全国の講演会は
    保存しながら見れますが、
    過去の収録分がみれないのは
    もったいないな〜〜と思います。

    一度お申込みをされ、ご覧になって頂き
    「なんだ?しょ〜もないじゃん!」
    と思われたら、解約をど〜ぞ。(笑)

    HPのトップページに
    お申込み窓口があります。

    おしょーにん * - * 10:38 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ