<< うっとうしい奴がいる!という時はこちらが変身するといい | main | 出来るまでやりなさい!( ̄▽ ̄) >>

釈迦流!たったこれだけで衝突が消える技。

0

    瀧本です。
    今日、面談をしました。

    お悩みは、
    どうも最近人から嫌われるようになった気がする。
    以前はそんなことはなかったけれど・・・
    たいした会話でもないのに、相手の表情が
    すぐに曇ってしまうように感じる・・・
    テレビ出演するにも、収録ならいいけれど
    生放送となると、恐怖さえ感じるようになった

    とのことでした。

    関西では有名な芸人の方です。
    振り返ることができるようにブログに
    書いておいてほしいということだったので
    シェアしておきます。


    私はテレビは観ないので、
    彼女がどう映っているのか事実関係は
    わかりませんが、事実がどうであれ、
    ご本人がそう感じるのであれば
    これは何か原因があると思います。


    彼女を部屋に通して挨拶。

    「お忙しいのにありがとうございます。
    ゆっくりお話しをしたいのですが
    私も時間があまりないので・・」

    お笑い芸人さんとして舞台では女を捨てた
    振る舞いをされているそうですが
    実際はとても綺麗な人でした。

    嫌われたと感じた会話を思い付で話して、
    と私もさっそく本題へ。


    彼女は仕事仲間の悩みや、友人関係、
    将来の自分の立ち位置など、
    不安や不満もさらけ出してくれました。

    改善点はすでに見つかっていましたが
    彼女へ納得してもらう要素を収集するため
    私は質問を重ね、丁寧に観察をしました。

    1時間経ってから指導へ。

    それは
    物事のプラスとマイナスの両面提示の順番。

    最初の彼女の挨拶で分かりました。

    最初の挨拶は
    「お忙しいのにありがとうございます。
    ゆっくりお話しをしたいのですが
    私も時間があまりないので・・」でした。


    これを
    「お忙しいのにありがとうございます。
    私も時間があまりないのですが
    ゆっくりお話しをしたいのです」

    どうでしょうか?
    印象はガラリと変わります。


    前者の印象は
    さっさと要点を教えてね、私、忙しいから。
    と、まるでこちら側をせかすような印象が
    含まれてしまいます。

    後者は真剣さが伝わります。


    相手へ両面提示をする時は
    マイナスに感じられることを先に、そして
    記憶に残したいプラス面は後に伝える、
    ということ。


    実際に彼女が言われた
    「もっと頑張って前に出たいのですが
    自信を無くしているのです・・・」


    情報を変えずに両面の位置を変えると


    「自信を無くしていますが、
    もっと頑張って前に出たいのです」


    相手へ伝えている情報は同じ。
    ですが、受け取る側の印象は全く違う。


    これは系列位置による
    親近化効果というものです。


    彼女が後輩に向かって言ってしまった
    「あんた達、頑張ってるのはわかるけど
    全くセリフを覚えてこないじゃない!」
    の内容を訂正してみて、と伝えると


    彼女は
    「全くセリフを覚えてこないけど
    あんた達、頑張ってるよね・・ですね!
    私もとても気分がいいです。」と。


    今日、午前中に更新した記事に
    いくつかのお釈迦さまの言葉を
    もう一度振り返ってみてください。


    お釈迦さまは、必ず最後の一章に
    我々の心に留めておきたい言葉を
    もってこられます。彼のテクニックです。


    どの文献をみても、彼の発信する
    愚か者へのメセージと
    賢者へのメッセージの順番は
    ピシャリとこの通りです。

    だから、私達は突き動かされるように
    いざ実践!という感情になるのです。
    (´艸`*)はぁ、ステキですねぇ〜


    私も弟子やその他の方々へ大事なことを
    伝えるときには「順番」に意識を払って
    お話しするように努めています。


    帰り際に彼女は言いました。
    「このお饅頭、カロリーは高いから
    食べすぎには注意、ですけど
    とーーっても美味しいですから!」と。


    そして、
    「さっきまでの私なら
    このお饅頭、とっても美味しいけれど
    食べすぎには注意してください、
    カロリーが高いですから、と
    言ってたと思います」と大笑い。


    さて、と。
    そろそろディナータイムですね。

    世の男性たちよ。妻が作ってくれた夕食に
    「美味しいよ、もう一品ほしいけどな」
    とか、言わないように。(笑)


    「もう一品ほしいとこだけど、とっても美味しいよ」
    と笑顔でいうと、女は喜んでキッチンに
    舞い戻っていくもんです。( *´艸`)

    それではステキな夜を。
    ・・・光静・・・



    「変わらずお前を愛してるけど
    太ったな……」
    とか、口が裂けても言っちゃダメよ!




    「太ったけど
    変わらずお前を愛してる」


    あ、やっぱ、これも家庭内戦争になるわ、
    アカンあかん!笑笑





     

    おしょーにん * - * 19:00 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ