<< 停滞した心には誘い水を | main | ガラクタ集めにご用心 >>

大事な時間軸は2点、ということ

0

    瀧本です。

    今日はこんなご相談をお預かりしました。
    ・・・・・・・・・・・・・・・
    幼いころから人前で話すことがとても嫌いで
    会社でも話さなくていい部署にいました。
    ですが先日人事異動で新人教育の担当になり
    毎日が緊張の連続で退職を考えだしています。
    とても怖いのです。吐いてしまうほどです。
    これは逃げることになるのでしょうか。
    練習をすれば上手になれるのでしょうか。
    ちっぽけな相談でごめんなさい。
    でも私には大きな問題なのです。
    生きることさえ辛くなってきました。
    ・・・・・・・・・・・・・・
    Nさん、
    決してちっぽけな相談ではありません。
    とても意味ある人生の課題です。

    間違えないで。
    とても意味ある課題、であって
    とても大きな人生の問題ではない、ということ。

    お会いした時に詳しくお話ししますが
    今日は先に一つだけ。

    クリアしてほしい課題があります。

    それは「決断」です。

    何もそれは
    人前で話す練習をはじめよう、とか
    もう少し我慢しましょうね、みたいな
    決断ではありません。( *´艸`)

    では何の決断をするのか。



    それは
    =生きる時間軸を逆転させるぞ=
    という決断です。

    ちょっと難しいですね。説明します。


    時間の流れを理解して
    「今の自分」は過去か未来のどちらの時間軸の
    影響を受けることが望ましいか。

    「過去」か。または「未来」か。

    つまり、こうです。

    人前で話すことが「嫌い」なNさんの過去には
    嫌いになる出来事が必ずあったはず。

    我々は本来、「自分は何でもできるぞ」という魂で
    生まれてきていますからね。事実、赤ちゃんがそう。

    「立てないかもしれないなぁ」
    「歩けないかもしれないなぁ」
    「自転車なんて乗れないかもなぁ」

    そんなことを考える赤ん坊はいませんね。
    我々は「できる前提」で物事を捉えるのが
    得意な生き物でした。そして出来てきました。

    会話となればさらに熱い情熱で
    取り組んできた項目です。

    なのですが、私達は人生を歩む中で、
    あらゆる経験をし、結果の体験を重ねるうちに
    その都度、他人からの無責任な評価が届くことで
    それをいつしか自己評価の指針にするように
    なってしまいました。

    お釈迦様の言葉にこうあります。

    『「今」そこにいるあなたは
    「今のあなた」ではなく
    「過去のあなた」である。ブッダ』


    これを信じよう。
    こう言ってみよう。
    これをやってみよう。
    こう思ってみよう・・・・等々の
    過去の判断が今の自分です。


    ところが未熟だった我々の判断は厄介。
    今くだす判断は、自分で考えて行っているように
    思っていますが、多くの判断の基準は
    「過去においての誰かの評価」に強く影響を
    受けた判断です。つまり、他人の意見です。


    「私は話すのが嫌い」という判断は
    Nさんが自分で行っているように思いますよね?
    けれど、事実はそうじゃない。
    ずーっと誰かの言いつけを守ってきたということ。
    それは、何気ない親の言葉かもしれません。

    だからといって
    「嫌い」になるきっかけを与えた誰かを思い出して
    恨む必要もないし、
    そこに修正をかける必要はありません。

    修正すべきは、どの方向の時間軸を
    自分の人生の指針にするのか、という
    『視点』です。


    ブッダの言葉はこう展開します。
    『今、何を考えるのか、が未来のあなたである』


    過去に受け取った他人の言葉が
    今の「人前で話すことは嫌い」というあなたを
    作り出したからといって
    そのあなたをそのまま「今後のあなた」にまで
    持ち越さなくたっていいのです。

    一言でいうと
    「過去なんて関係ないんだぜぇ〜
    肝心なのは、
    今、新たに判断する望ましい思考だぜぇ」です。(笑)


    「嫌い」という感情は過去の産物です。

    そこから少しだけシフトしてみる。
    「話しがうまくなったら楽しいだろうな〜」です。
    この感情は前をみています。

    嫌い、から好きへのシフトは難易度が高いので
    ほんの少しのシフトで充分!

    心地いい判断のほうへ心は勝手に動き出します。


    誰だって深層心理では楽しく人と会話したい。
    そろそろ過去から離れ、許可をだしてあげて。



    このブログを読んでくださっている人へ。


    時間は未来から現在に流れ、
    過去へ消え去っています。
    (初めて学んだときはビックリしました。(笑))


    過去は今へ影響しない。あえて言うなら
    その「過去」に「今」へ影響を及ぼすパワーを
    与えているのは自分なのです。


    望ましい、好ましい感情を「今」にセットして。
    望まない過去の持ち越しは健康的ではない。

    本当に転職がしたいなら、すればいいのです。
    やめちゃえばいい。
    「さいなら〜」って感じで。(笑)



    人事異動によって、浮き彫りになった大切な、
    「過去の時間の呪縛から解放される」という課題に
    楽しんで取り組んでください。
    なぜなら「話す」という枠をこえて、
    人生のあらゆる面に制限があったはず。


    これが、今日クリアしてほしい「決断」です。


    「過去」と「今の恐怖」との紐づけクセを
    バッサリと切っちゃってください

    大切なのは、
    新たな捉え方を採用し始める「今」と
    今後、訪れる望ましい「未来」の2点。

    人生で大切な時間軸はこの2点です。
    今の思考がそのまま未来。人生はシンプル。


    長くなりました。
    続きはお会いした時に。大丈夫。
    大丈夫。^^

    夕方が近づいた今、空が明るくなってきました。
    ジョギングしてきます。
    ・・・光静・・・・

     

    おしょーにん * - * 16:20 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ