<< お釈迦様はユーモア人 | main | 声がでませーん。ごめんなさいー! >>

振り出しに戻しました!

0

    瀧本です。
    こんばんは。

    今夜は皆さんにお詫びを。

    ここ最近、たーくさんの方より
    Kouseiミュージアム完成の
    お問い合わせをいただきます。

    ブログやラジオ等々で
    Kouseiミュージアムの完成予定を
    本年の9月だよー!と
    アナウンスしていましたから。

    まだまだ完成していませんー。

    実は、もう一度初心に戻り、
    何の為に、
    何を、
    誰の為に
    どうするのか、
    の課題を熟考し直しました。

    当初は「江之島」という土地で
    ビル一棟を・・・と考えていました。

    すると
    「宜しければ、うちのビル、
    使ってください」と
    無償で差し出してくださるオファも!!

    私の大好きな作家の森沢大先生に
    ミュージアムの話をしたとき

    「スゲーじゃん、光静さん!
    そういうミュージアムって、
    たいがいその当事者が死んでから
    できるもんじゃない?
    生きてる時にできちゃうの?
    世界で初めてじゃない?」

    と言われ、大笑い!

    確かにそうですよね!笑
    生きている人の常設ミュージアムって
    聞いたことがないかも。笑

    よくよく振り返れば
    ミュージアムを急ぐ想いは
    難病の告知が原点だったな〜って。


    構想として、ミュージアムの中に
    シアタールームを設けて
    私の法話ビデオが定期的に流れ、
    カフェコーナーではホッコリしてもらい
    書の展示室をマッタリとまわって
    異空間を楽しんでもらえたら・・・。
    そんな思いでした。

    何かの旅行がてら、
    オプション的に江ノ電にゆられ、
    江之島まで来てもらえたら
    すっごく素敵なメモリーに
    なるんじゃないの〜?と
    思ってたんです。

    そして、それらの前提は

    「私はいない」でした。


    何万作品と書き留めていますが
    どれもゴミ同様に積み重ねてます。

    もちろん内容はどれもお釈迦さまの
    大切な教えばかり。


    私が死んだら
    「スタッフの皆さんの選択で
    適当に展示してください」
    的なスタンスだったように思います。


    後に、そのミュージアムが
    不要な建設物と判断されれば
    淘汰されて無くなったらいい。


    もしくはだんだん小さくなって
    マンションの一室であっても
    残してもらえるならラッキー!


    求められる規模に変容して
    流れにまかせたらいいので
    最初だけは作っておきたい・・・。

    正直、そんな感じでした。


    あ、私は相田先生が大好き。
    展示テーマが変るたびに
    有楽町へ行きます。

    でも、相田先生の作品をみながら
    いつも思うことがありました。
    それは・・・


    (この感性と生き方、そして
    それを表現する筆の運び・・。
    これをどうして、弟子をとり
    伝授をされなかったのだろう)
    です。

    だから、
    書画の弟子の育成も始めました。

    相田先生のおひざ元にも及ばぬ者が
    育成を始めたんです。
    でも毎回満席です。


    真解学の門下生も全国に誕生。
    東洋思想講師の育成として
    逆視道もリリースしました。

    募集をかけると30秒ほどて
    完売に。


    そんなことより!
    逆視道の発表は本当に大正解!
    宗教という概念を超えた
    新たな学問として確立されました。

    いずれ基礎教育として
    学校のカリキュラムに
    入っていくでしょう。
    とっても喜びです。


    ミュージアムも、
    逆視道も、
    書画の教室も、
    真解学という難題学問も、
    「私がいない」前提で
    「残していく」ことが目的でした。

    ですが今は、
    私が生きている今、私を中心として

    ●私が動きやすい場所

    ●みんなが来やすい場所

    ●講座がしやすい場所



    こうなってきました。

    こうなると話はふりだしです。( *´艸`)

    だから、ふりだしに戻しました!


    主たる駅から数分で、
    新幹線が便利で、
    他の観光もでき、
    常設ギャラリーでなおかつ
    ほっこりできる空間を・・・。

    候補地や活用目的が変わり、
    一から絞り直しです。

    大きな変更は

    =私がいる=

    です。ですので、
    もう少しお時間を頂きます。

    皆さんが簡単に訪ねやすくて、
    講座が開催できるスペースが確保でき
    主要駅から徒歩近く、
    私がステイできる空間が確保できる立地。

    これで再検討です。
    おおきな違いは

    =瀧本がいる=


    設立できた暁には
    皆さんをお招きして楽しく深〜い
    法話をワイン片手に楽しんで頂こうと
    思っています。( *´艸`)


    この物件、
    この場所、
    いいんじゃない〜?があれば
    準備室へご一報くださいー!


    素敵な空間を
    必ずお届いたします〜。

    シャカーズのメンバーには
    自由に使っていただけたら、と
    思っていまーす。

    夜分に失礼しました。

    ではどうか素敵な夢を・・。

    あ!知ってます?
    アメリカでは告知されていますが
    夜食にチーズを食べると、その成分により
    悪夢を見るという発表がなされました!

    ホンマかいな・・・ですが、
    英会話の先生に教わりました。

    それ以来、夜にワインを飲んでも
    チーズはやめました。単純!( *´艸`)


    人生は単純なのです。笑

    じゃ、
    みなさん、ぬくぬ〜くして
    おやすみなさい。
    ・・光静・・

    明日は、超〜ハードな一日・・・・
    バスタイムをして
    もう休むとしまーす。
    はやッ。






     

    おしょーにん * - * 21:50 * comments(1) * -

    コメント

    瀧本先生
    初めまして! 夜のツタンカーメンでお話しを聴いて以来、先生のファンになったTomoと申します。いつも素敵な仏教の教えを分かりやすく教えて下さいましてありがとうございます!
    お忙しい中初歩的な質問で恐縮ですが、シャカーズに入会するにはどこから申し込めば良いでしょうか?
    先生、スタッフの皆様がお手隙の時に教えて頂きたく、お願い致します。

    外国居住者の為、先生の講演会やイベントに行く機会が未だありませんが、いつか必ずお会いしてお話しを聞いてみたいと願っています。
    今は私の周りの友達達に先生や櫻庭さん(私の心のお師匠様達) の事を『良いから聞いて!聞いて!』とシェアして少しずつ広めているところです。
    お身体は今でも色々あるのだと思いますが、パワフルで素敵な笑顔の先生のご活躍をいつも応援させて頂きます!
    いつも ありがとうございます。
    Comment by Tomo @ 2020/02/23 12:32 AM
    コメントする









    このページの先頭へ