<< 眠る前に心のオセロゲームを! | main | お釈迦様流、本当に身で意味での感謝の表現法 >>

機会は、熟成されてやってくる

0

    瀧本です。


    ずっと気になっていたことがありました。
    それは、ある人へとても不愉快な思いを
    させてしまったこと。






    どうしても、一言ごめんなさいと謝りたい…






    じゃあサッサと謝りに行きなさいよ!と
    言いたいところですが、相手は芸能界の人。
    そう簡単に会うことができません。






    半年ほど前、新幹線で東京から大阪へ。
    窓際の席に座り、となりの通路側の席に荷物を
    ドサっとおいてテーブルを出して仕事を始めようと
    思っていました。




    すると、一人の男性が「ここ、いいですか」と
    まさかの隣席だったのです。他に沢山、座席は
    空いているのに…




    私は必ず9号者。
    8.9.10号車はグリーン車でその真ん中の9が好き。
    理由は、前後をグリーン車で挟まれている為
    お手洗いがいつも空いているからだ。


    グリーンには3人がけの席はなくツーシートのみ。
    そして、ツーシートといいながら、
    乗客が少ないから、今までのほぼ全ての利用時は
    シングルシート使いができてる。
    パソコンを出し、ゆったり仕事。


    あの快適な移動ライフを、私は有意義な自己投資
    として許してあげてます。




    そして、その日も仕事に集中しようと
    思っていたら矢先、「ここいいですか」と
    声をかけてこられたので、車両がガラガラだった
    こともあり、とても驚いた私の言葉、




    「え??隣ですか?」(o_o)




    男性は、そうです、と。




    通路側の荷物をまとめ、棚の上にあげるまで
    待ってもらい、二人並んで座りました。


    ところが、新横浜を出たあたりで、
    男性が他の席に移動されました。


    新横浜駅を出発して、その席を予約している乗客が
    いないことが確認できた席に。
    その行動をみた瞬間、




    (しまった!!
    なんて失礼なことを言ってしまったんだろう)




    と、自分の吐いた言葉のエゴを
    思い知らされました。




    名古屋直前で、男性は、
    私の席の隣に戻って来たかと思うと、
    名古屋を出発して途端、すぐにまた別の
    空きシートへ移動されました。




    (あぁ、私、サイアクだ!
    なんて酷い気遣いをさせてしまってるんだ!)




    次に戻ってこられたら、謝ろう、と決心。
    ところが、彼は戻った来られることなく
    降りてしまったのです。




    彼をテレビで見かけるたびに
    心がチクチクチクチク……。




    どれほど不愉快な思いをさせてしまったのか。
    逆の立場になっとことを想像すると本当に辛い。


    私がこの出来事を思い出す頻度はかなりなもので
    新幹線に乗るたび、フッとよぎる思考でした。




    そして昨日!!!




    名古屋で朝から講演会をした後、
    9号車にのって東京へ。


    座席に座り、「少し倒しまーす」と
    シートを倒すご挨拶を後部座席の人へ。






    おーーーー!




    あの時の男性が座っておられました。


    わおー!マジー!


    これは素晴らしい!ありがたいっ




    関西ではとても有名なタレントさんなので
    声をかけるなんて失礼かもしれませんが、
    それ以上に失礼なことをしていた私には
    声をかけずにはいられませんでした。




    すかさず後ろの席に行って横に座り言いました。
    「一言謝らせてください」


    え?なになに??




    突然、声をかけた私は不審者のよう。
    とても驚かれていたけれど、そのまま続けました。


    「実は以前、あなたと横の席になったんです。
    先に窓際にいた私は、後から来られたあなたに…」




    ここまで話すと、男性が






    「あーーー!覚えています。
    あーー、あの時の方ですか!」




    これだけの会話で思い出されることに
    またまた衝撃でした。よほど嫌な思いを与えて
    しまっていたんだ…と更なる反省。




    と思いきや、男性は言いました。






    「他に沢山席があいているのに
    僕も隣に座ってしまって…。


    あの時、すぐに乗務員の方に頼んで
    空いている席と交換して貰えばよかった、と
    後から反省したんですよ。


    僕が停車駅ごとに移動している姿をみて
    あの女性は不愉快だったろうな、と
    後悔してたんてす。
    まるであなたに対する嫌味ですよね、あれは」


    さすが、人気がでるタレントさん!
    心の奥行きがすごい。




    ここまで聞いて、私は言いました。
    「いえ、どうか一言、お詫びをさせて下さい。
    あの時は本当に失礼なことを言って
    ごめんなさい。」




    男性は
    「いえいえいえいえ!
    いやー、何だか感動ー。
    ところでお仕事は何を?」




    東洋思想家だとお伝えして
    そこから話は盛り上がり、
    気づけば品川駅。笑笑




    他に席が空いているのに、結局
    二人並んで座っていたんだとさ!


    めでたしメデタシ!




    名刺を下さい、と言われたので渡しましたが
    タレントの人へ私が求めるのは違うな、と判断し
    それじゃあまたいつの日か!と
    私が先に下車しました。










    あーー!スッキリした!!
    やっとお詫びができて気持ちいいー!




    それにしても、こんな偶然あるんですね。


    というか、仏教には、
    「偶然」ということばと「奇跡」という言葉は
    ない。




    ずっと気になっていたから、
    この機会を与えてもらえたのです。


    私の後悔の念が、充分に熟成されるまで
    宇宙は機会を待ってくれていて
    一番深い学びになるタイミングに
    体験させてくれたのです。


    心が軽い!


    ありがとう!ありがとう!






    読者のみなさん、
    もし、何か心を重くしていることがあるなら
    そのことを、どうすれば軽くなるのか、と
    明確な方法や手段をイメージして。


    何度も何度も。


    すると思いがけないカタチで
    必ずその状況を体験させてもらうはず。


    そんな世界に私たちは生きているのです。(^^)




    さて、と。
    今日も講座だらけ。笑笑


    軽やかになった心で、更なる楽しい講座時間を
    皆さんと過ごしたいなって思います。




    それではステキな1日を。
    ……光静……

    昨日、弟子達から誕生日ケーキを!スゴー


    「今年も先生が生きていて
    これをお渡しできてよかった!」と。笑笑


    「血管が裂けたり、
    エスカレーターからおちて頭を割ったり
    突然、歩行困難で杖をついたり……
    今年はもう何も起こさないで下さい!」


    とお願いされました。
    いやいや、こりごりなのは私なので
    大丈夫ですー。( ̄▽ ̄)って、ホンマかいな。笑笑


    なんかまたありそう……

    おしょーにん * - * 07:56 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ