<< 人生、突き指の法則がある( ̄▽ ̄)笑 | main | 心が迷妄したときに目指す3つのこと >>

それはダメなことではなく、正体は「幸せ」

0

    瀧本です。
    今こんなご相談をお預かりしました。
    …………
    「最近、人と話すことが億劫になりました。
    楽しそうにしている仲間といても
    話すのが面倒、というか、心が重たいのです。
    笑顔を出すことも出来ず。
    何か嫌なことがあった等のこれと言った心当たり
    もありません。
    これがいわゆる心の病気なのでしょうか。
    こういう時、気分を明るくする何かよい方法
    はありますでしょうか。
    休みの日はずっと家にこもっているのです。」


    …………


    時間が少しあるので、ここでお話ししますね。


    人と話すことに気がすすまないから
    なおさら家にいるのですね。


    例えば「引きこもり」という言葉があります。


    引きこもりと聞くと、何やら大変な事態だと
    思われる方は多い。
    勿論、何年も家から出ない、となると
    これは取り上げるべき議題かもしれませんが。


    まず1つ。
    人と話したくないと思っていることや
    今まではよく出かけていた休日に家にいる
    ということを「いけないこと」と判断するのは違
    うように思います。


    「人と話したくない」や「引きこもる」というのは
    病気の兆しでも何でもありません。




    「病気」ではなくて単なる


    「状態」です。




    状態は移り変わりますから放っておけばいい。
    心は勝手に移り変わっていくものだから、
    心に任せておけばいい。




    まず、そう捉えて気を楽にして下さい。
    あわゆる「お気楽(^^)」です。


    現に、
    「何も嫌なことがあった等の心当たりはない」
    のに、心に力が入らないのですよね。


    であれば、反対に
    何も素敵なことがなくても、心は勝手に
    明るくなったりするものです。


    まずはそう捉えて、一人の時間を楽しむような
    仕掛けをしてみるのがいい。


    心に注目するのを休憩して
    五感に注目をするように仕掛けをして下さい。



    沈んだ心に付き合いすぎると
    生活の所作がおおざっぱになるから
    心は横に置いておいて、
    「丁寧」なモノに五感を動かしてみる。


    例えば
    大好きなケーキを買って、ちゃんとお皿にのせて
    Teaはお気に入りのカップを。
    (私ならチーズを買ってワインですけど。笑)

    この程度でも、随分と心は入れ替わり始める
    ものです。




    2つ目。
    全ての行いには意味や訳があります。
    その行いが無意識である場合は、
    意味などないように感じるかもしれません。
    今のあなたがそうでしょう。


    「人と話したくない」ということは
    「人と話さない」という行いをしています。


    心の反対側をみて下さい。
    そこには
    人と話さない方が今は楽チン、幸せ。があります。


    外出に気がすすまない、の反対側には
    家にいる方が楽チン、幸せ。がある。(^^)


    すこーし、価値観が変わってきましたね。


    あなたは楽チン、幸せを選択しています。
    ワオ!




    いいじゃな〜い!



    私達は常に幸せを追求する生き物。
    そして、ちょっとしたことで心は
    幸せの定義を入れ替えたりします。




    昔の私は10本の指に12個は付けてました。
    指輪を。笑笑。幸せの定義だったんですね。
    宝石が大好きだった。


    ところが今はカラっきし!( ̄▽ ̄)


    代わりに手首に数珠が付いてます。笑笑




    なぜ宝石をしなくなったの、私よ!
    あれだけ好きだったじゃない!
    心の病気?とは思いませんよね。




    まずは手始めに、この2つのことを
    受け入れてみて下さい。


    1.沈んだ心から少し離れて五感が喜ぶ何かを。


    2.今まで楽しめていたことが楽しめなくなった
    という捉え方ではなく楽しむ方向が入れ替わった




    やってみて。


    さ、ケーキなり、チーズなり、
    好きなものを、一人という贅沢な時間で楽しんで。
    ( ̄▽ ̄)わーい


    仏教は、
    心と肉体は区別できる働きがある、という立場で
    説明しています。


    心が重たいぜぇ〜と感じるなら
    重い心を引きずっていないで
    「じゃ、体のほうで美味しいケーキ食べて
    幸せ体験をしておくわ!」
    でいいのです。


    心に少しリズムが出てきたら
    「私、新しいスタイルの幸せを選んでるの!」
    で決まり!




    それでは素敵な一日を!
    ……光静……
    最後の手はコレ!

     

     

    私はこの手をよく使います。笑笑

    おしょーにん * - * 15:34 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ