<< 決めるのは2つだけ、ということ | main | かなり怪しいステキな話 >>

どっちにもなれる、ということ

0

    瀧本です。


    今朝、パウダールームで洗顔していたとき

    泡だらけの顔のまま、手探りでタオルを

    さがしていたら、横にあった花瓶に膝が

    当たってしまった。その瞬間



    (あーッ!フロアに落ちて割れるな、こりゃ)

    と瞬間的に思い、

    次に聞こえてくるはずのガシャーン

    という大きな音に身構えました。



    人の思考はすごいですね。



    わずか70センチの高さからフロアに落ちる

    のに1秒もかからない。そのわずかな間に

    破片を片付ける様子までイメージできました。


    そこまでのイメージが広がると諦められる。

    開き直ってわしゃわしゃと泡を落としながら

    ガシャーンの音を待った。



    すると、



    コトンッとだけ。



    え??



    やっと目を開けてフロアをみると


    おぉーセーーーーフ




    洗濯したタオルを棚に入れようと思い

    ドサっと足元に置いていた、その上に

    ダイブしてくれたようで、一度タオルに

    受け止められた花瓶は、勢いを失って

    コロリン、と転げてフロアに着地。



    大掃除まで想像していたから

    本当に感謝しました。( ̄▽ ̄)



    わずか1センチでもずれていたら

    確実に木っ端微塵。



    めぐる縁により人生は変わる、と

    朝から教えの復習タイムになりました。



    思います。


    縁は2種。


    選べない縁と、自分で選べる縁。




    選べない縁は「受け入れる」という

    作戦でクリアするのがいいよ、と

    お釈迦さま。



    それよりも、選べる縁のほうに意識を。





    相田みつを先生の有名な言葉を

    思い出しました。



    「セトモノ同士がぶつかると割れるけど

    どちらかが柔らかいと大丈夫。


    柔らかい心がいいなー、と言いながら

    私はいつもセトモノ……」




    記憶だけで書いたけど、

    こんな感じだったはず。




    花瓶が誰かで、

    フロアが私であったなら

    大問題が起きそう。



    タオル、という第三者のお陰で

    問題に至らなかった??



    いやいや、違う。




    私自身がタオルでいればいい。





    柔軟心



    ということば。



    柔らかい心でいれば、互いに傷つかない。



    今日のテーマはこれに。

    柔らかくいようと思う。

    柔らかく居るという縁を選ぼう。


    固いほうにもなれるけど

    どっちにもなれるけど

    柔らかく居るという縁を選ぼう。



    イガイガしないで、

    どうぞ、と譲って

    無理なことは諦めて

    微笑んでいようと思う。


    今日も微笑んでいようと思う。


    そんな1日1日を過ごせたら




    人生、大成功だ!



    それではトランポリンジムにいってきます。


    そういえば、トランポリンも柔らかいから、

    ボヨンポヨンと私が跳ね返ってる。

     


    心身ともに柔らかくいよう。



    それでは素敵な一日を!

    …光静…



    おしょーにん * - * 09:10 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ