<< 自分と初対面する、ということ | main | 陽の光と智慧の光、ということ >>

ご心配をおかけしました。

0

    画伯の瀧本です。笑


    ずーーっと絵を描いています。


    庵がアトリエになってしまい、

    皆んなが集まる空間にぎっしり作品。笑

    久しぶりに更新できます。


    心配をして下さっている方から

    今もお見舞いメールを頂きますので、

    私の状況を記しておこうと思いました。



    今、ほぼ毎日、オンラインサロンにて

    法話をお届けしています。




    自分の喜びでもあり、メンバーの皆さんも

    とても楽しみにしてくれていると思います。




    そもそも、

    オンラインサロンを立ち上げた理由は

    難病をもつ自分が、移動ができなくなったり

    体を起こすことができなくなっても

    これなら床の中から法話をお届けできる!

    と思ったから。



    そして今回、

    新型ウイルスによる自粛が始まっまとき、

    数年前に立ち上げたサロンが、本当の意味で

    役立ったと思います。

    皆さんからも、サロンがあって本当によかった、

    と感謝の言葉を頂きます。



    私からは皆さんが見えませんが、

    皆さんは私の顔を毎日みてお勉強を。


    時には、

    直接メンバーの方のご相談をお預かりして、

    お返事する場にもしています。



    先日、久しぶりに門下生と会い、

    「わぁ、久しぶりやね〜」と言うと

    こちらは毎日会ってますから(笑)と。

    そりゃそーだ、ですね。(^^)



    ところが不覚にも、この毎日の配信が

    逆に皆さんへご心配をおかけする、ということに

    なってしまった。。




    医療関係のメンバーの方からは

    「配信中のブレスのタイミングがおかしい。

    恐らくどこかに痛みがあるな」と

    お見舞いメールと共に酵素サプリを頂きました。

    (強烈な独特の味。( ̄▽ ̄)頑張って飲んでます)



    血管の病に加えて、発作的に起こるいくつかの

    病気をもっていますので、

    講演会に出向く時は万全の体調に整えて行き、

    帰ってきたら数日寝込む…のリズムが

    ここ数年の私のスタイルです。



    無理をしているのではなく、

    無理をしないように寝込むようにしてる、

    といった感じなんです。



    そして先日、

    体調の悪化で配信を数日間止める、ということが

    ありました。予告なく止めてしまった。。



    日々、日替わり定食のように症状があること、

    その、見えていなかった部分、が

    皆さんに伝わってしまうことに。



    本当にご心配をおかけいたしました。



    決して無理はしておらず、

    常に私の体の細かな変化をみてくれている、

    30年以上、医療の第一線で活躍されてきた

    神がかった方に相談もしながらの

    ここ数年間の病との付き合い方、というか

    リズムです。



    側近にいてくれる弟子は

    それらを全部理解して支えてくれていますので

    甘える、ということもさせてもらっています。


    手を引いて病院にも連れて行ってもらいました。




    今回はメニエールがきつく、目を開けると

    洗濯機の中にいるような症状でしたが、

    今はおさまり、このブログの小さな文字が

    ちゃんと見れるまで回復しました。



    まとまりのない内容ですね。汗


    近況を素直にお伝えしたく、更新しました。



    色んな形の優しさを学びました。

    コロナがおさまってきて、新日常スタイルが

    生まれようとしている社会。


    どんな日常になろうとも、ココロは変わらず

    深い繋がりに支えられていく。


    精進したいと思います。

    ありがとうございました。^^


    これからも、どうぞ宜しくお願い致します。

    それでは素敵な1日を。

    …光静…


    あ、それから、

    美術教室を始めることにしました。笑


    お部屋がお花だらけです。幸せ。

    夢のベッドを描いてみました。













    おしょーにん * - * 09:39 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ