<< 水面に習う、ということ | main | 理由はいらない、ということ >>

誰の為でもなく、ということ

0

    瀧本です。

     

    今日は丸一日、自己啓発dayでした。

     

    朝から英会話特訓、その後は

    ドラムの個人レッスン2時間、その後は

    甥っ子をスタッフに参入させての

    ル・アミターユ の強化会議を。

     

    50歳を超えても叩き込み三昧。笑

     

    弟子の美千光に生演奏をしてもらいながら

    久しぶりにコンサートで映し出す映像を見た。

     


    感動…感動…

     

     

    百花春至為誰開

    ひゃっか春いたってだが為にひらく

     

     

    美千光の音源はここでお聞かせするわけには

    いきませんが、

    私が書いた詞はこのような内容です。

    (所々に実際の映像画面を載せました)

     

    ……誰の為でもなく……byル・アミターユ 

     

    花を見て、イライラする人が

    いないのはなぜなんだろう。

     

    気持ちが沈んでいる時に

    花を眺めたくなるのは

    なぜなんだろう

     

    花を見て

    どうか元気でいてほしい、と

    ふと、あの人の顔を思い出すのは

    なぜなんだろう

     

    花の種は風たちが自由に運び

    ミツバチ達の気まぐれで

     

    一体どこで根をはることになることやら

     

    何一つ求めることなく

    彼らは大地に舞い降りる

     

    陽の当たる場所

    水が近くにあるところ

     

    陽の当たらない場所

    乾いた土の上…

     

    何一つ文句などいわない

     

    精一杯にここで生きるのだ、と

    根を伸ばす

     

    私たち人間は、どうなのだろう

     

    私たちはどうなのだろう

     

    幸せになりたい、といいながら

     

    自分の命が降り立った場所ではなく

    他人の場所ばかりを眺めたがる

     

    自分の存在を大切にして欲しい…

    そう叫びながら

     

     

    なぜなんだろう

     

    生きることが辛かった時

    誰の目にも届かない路地のすみっこに

     

    誰が見ようが見まいが

    そんなこと関係ないんだよ

     

    そう聞こえた

     

     

    なぜなんだろう

    私たちは「意味」を知りたがる

     

     

    それが全てなら

    それが全てだというのなら

     

    心が折れそうだったとき

    私に勇気をくれた、あの花の命は

     

    意味がなかったと、

    人は言うのだろうか

     

    ほんの数日後、

    同じ道を歩く機会があった

     

    花は朽ちて、

    もうそこになかった

     

    涙が止まらなかった

     

    花は誰のために咲くのか

     


    誰のためでもない

     

     

    そんなメッセージを

    静かに届けてくれるから

    花を見ると我々は

    癒されるのかもしれない

     

    これの為、とか

    あれに役立つから、だけで

    命をみてはいけない

     

     

    メッセージはここまでです。

     

     

    ご相談を預けて下さったあなたへ。

    このメッセージから読み解いて下されば、と

    そんな想いを込めて。

     

    ……ル・アミターユ ……

     

     

     

    おしょーにん * - * 22:30 * - * -
    このページの先頭へ