<< 色んなカタチの愛を観る、ということ | main | コロナに負けるな<生中継のお知らせ> >>

利益、と御利益は違う、ということ

0

    瀧本です。


    なんと読みます?



    「利益」


    恐らく殆どの方は、りえき、と

    読まれたのでは?笑


    これに「御」を付けるとどう?



    御利益



    あ〜ら不思議。


    ごりやく、になりました。


    利益追求の世界で生きる我々人間ですから

    利益=りえき、に見えても仕方ないですね。笑

    ……………………

    ご相談内容


    会社が倒産しました。そしてストレスより

    病気になりました。49歳です。

    信心深く生きてきました。

    今まで、御奉仕にも積極的に参加して

    寺院の仏事にも必ず参座してきました。

    御守りして頂けなかったということでしょうか。

    私は誰からも守ってもらえない…

    そんな風にしか思えず涙が止みません。


    …………………

    さて。

    どこからお話ししましょうか。

    面談の可能日をお返事しましたから

    ご確認くださいね。^^

    詳しくは個人面談でね。


    ここでお伝えしておきたい事、それは

    これだけお祈り、ご祈願したのに

    期待するほどのご利益がない、と

    考えるのは少しおかしな話しだということ。

    気持ちはとてもわかります。いつも

    清らかな心で手を合わされていたのでょう。


    ひとつ言えるのは、

    社会情勢に左右されるとはいえ、

    企業の利益は、専門家の方ならある程度

    先見的に計算できるものかもしれません。


    もちろん時には

    今、猛威をふるうコロナウイルスのような

    突発的な問題で大打撃にもなります。


    けれど、御利益、は違います。


    本来、御利益とは、

    手を合わせた見返りではないのです。


    どのような状況下においても



    今、生かされている



    という謙虚な心を知ることを意味します。


    手を合わせた分だけ「御利益」という

    何か見返りがある、と期待してしまいたい

    のが私達かもしれませんが


    取るべき行動をさせて頂ける

    「勇気」や「ご縁」そして「命」を

    今、頂戴していることこそ御利益。


    お会いしてからゆっくりお話しします。


    中途半端なお返事かもしれませんが、

    今、この時間に、

    あなたへ想いを寄せている者が一人いる、

    ということをお伝えしたくて

    ブログを更新しました。


    穏やかな時間を過ごされますように。


    ……光静……














    おしょーにん * - * 21:23 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ