普遍なる順番がある、ということ

0

    漫画家になりそうな瀧本です。笑


    今日の4コマ漫画



    携帯を見せて、と言われると

    自分の携帯を見せる。これ普通。



    愛用の筆を見せて、と言われると

    自分の筆を。これまた普通。


    あなたのメガネ見せて〜

    あなたのハンカチ見せて〜


    どれも簡単。

    自分の持っているものを見せる。


    では、



    40歳なら40年間

    52歳なら52年間、


    ずっと探してきてるはずの幸せ。

    見せるとなると妙に難題。





    ( ̄ー ̄)


    Gahahahaha〜〜!


    これ描くとき、絵のようなバカ笑いが出る!



    そ。幸せは自分自身の中に。



    表情と心は連動。

    環境が心を決めるのじゃない


    心が表情を作るけど、

    表情が心を作るのも真理なのだ!


    ならば、



    表情ファーストでいこう!



    笑うから楽しいんだってば!


    笑ってる人が幸せなんだってば!



    これは普遍なる真理。

    間違えないように歩みたい!



    さ、今日も笑顔満開で、ね!

    それでは素敵な一日を。

    ……光静……

    いよいよ緊急事態宣言ですね。


    買い溜めしに行ってこよ。


    食料ではありません。


    絵具です。
    Gahahahaha〜!





    #4コマ漫画

    #仏教

    #爆笑


    おしょーにん * - * 10:18 * comments(0) * -

    理由はいらない、ということ

    0

      瀧本です。


      なんとなくドヨ〜ンとしちゃってます?


      何がどう、じゃないけれど

      世間の渦にまかれてしまって

      何か心がドヨ〜〜ンって感じでしょうか^^


      出来ることはしっかり行って

      心は

      世間の風と境界線を引いておきたいですね。


      今の私の日々の過ごし方を

      4コマ漫画にしました。笑笑


      自己との対話でよく笑ってます

      ※丸いお化けは私の潜在意識をキャラクター化

      した「こころ君」。そして

      私自身は「ほっこり光(こう)ちゃん」という

      キャラクターにしてます。

      私、ほっこり光ちゃんは、

      何かちょっとしたことがあれば

      ずーーーっとアホみたいに笑ってます。

      ほんとにアホみたいです。笑笑

      そして、時々、何に対してそんなに

      笑っているのかを忘れることがあります。

      けれど、理由などいらない‼

      そんなことはどうでもいいのです。

      理由がなくても笑えば楽しい。


      笑うことに理由はいらない。


      これは不安も同じ。

      理由がなくても不安になるもの。


      どっちにしても理由がいらないのなら

      笑っておきましょー。


      すると、事態は変わらなくとも

      捉え方が変わっていくものですよ。

      笑顔で過ごそう!


      それでは素敵な3時のオヤツTimeを。^ ^

      ……光静……

      瀧本をよく知る方は、

      さっきのこのイラストから


      私の声が聞こえるでしょ?笑笑

      こんな感じで、いつも笑ってます。


      #4コマ漫画

      #笑い







      おしょーにん * - * 14:35 * comments(0) * -

      誰の為でもなく、ということ

      0

        瀧本です。


        今日は丸一日、自己啓発dayでした。


        朝から英会話特訓、その後は

        ドラムの個人レッスン2時間、その後は

        甥っ子をスタッフに参入させての

        ル・アミターユ の強化会議を。


        50歳を超えても叩き込み三昧。笑


        弟子の美千光に生演奏をしてもらいながら

        久しぶりにコンサートで映し出す映像を見た。



        感動…感動…



        百花春至為誰開

        ひゃっか春いたってだが為にひらく



        美千光の音源はここでお聞かせするわけには

        いきませんが、

        私が書いた詞はこのような内容です。

        (所々に実際の映像画面を載せました)


        ……誰の為でもなく……byル・アミターユ 


        花を見て、イライラする人が

        いないのはなぜなんだろう。


        気持ちが沈んでいる時に

        花を眺めたくなるのは

        なぜなんだろう


        花を見て

        どうか元気でいてほしい、と

        ふと、あの人の顔を思い出すのは

        なぜなんだろう


        花の種は風たちが自由に運び

        ミツバチ達の気まぐれで


        一体どこで根をはることになることやら


        何一つ求めることなく

        彼らは大地に舞い降りる


        陽の当たる場所

        水が近くにあるところ


        陽の当たらない場所

        乾いた土の上…


        何一つ文句などいわない


        精一杯にここで生きるのだ、と

        根を伸ばす


        私たち人間は、どうなのだろう


        私たちはどうなのだろう


        幸せになりたい、といいながら


        自分の命が降り立った場所ではなく

        他人の場所ばかりを眺めたがる


        自分の存在を大切にして欲しい…

        そう叫びながら



        なぜなんだろう


        生きることが辛かった時

        誰の目にも届かない路地のすみっこに


        誰が見ようが見まいが

        そんなこと関係ないんだよ


        そう聞こえた



        なぜなんだろう

        私たちは「意味」を知りたがる



        それが全てなら

        それが全てだというのなら


        心が折れそうだったとき

        私に勇気をくれた、あの花の命は


        意味がなかったと、

        人は言うのだろうか


        ほんの数日後、

        同じ道を歩く機会があった


        花は朽ちて、

        もうそこになかった


        涙が止まらなかった


        花は誰のために咲くのか



        誰のためでもない



        そんなメッセージを

        静かに届けてくれるから

        花を見ると我々は

        癒されるのかもしれない


        これの為、とか

        あれに役立つから、だけで

        命をみてはいけない



        メッセージはここまでです。



        ご相談を預けて下さったあなたへ。

        このメッセージから読み解いて下されば、と

        そんな想いを込めて。


        ……ル・アミターユ ……




        おしょーにん * - * 22:30 * comments(0) * -

        水面に習う、ということ

        0

          瀧本です。


          波たっている水面を静めようとして

          パシャパシャと水の表面をおさえても

          余計に波は立つもの。



          波がたっている水面には

          自分の顔は映りませんね。^^



          これと心は同じ。


          事あるごとにあたふたすればするほど

          心はざわつきをおさめず

          不要な不安を生むものです。


          明鏡止水…


          明鏡とは一点の曇りもないこと。

          止水とは…動きなき水のこと。


          つまり、

          心安らかなるは、

          騒ぎ立てずいじらず、

          おさまりを見守って待つのが一番なのだよ、

          ということでしょう。


          ならば、流れに任せておきましょう。


          いたずらに、いじればいじる程、

          心は波だつのです。



          私は何者か…


          私は何なのか…



          湖に顔を近づけて、

          顔が映らないからといって

          慌てなくてもいいのです。


          (あれれ?

          波があるんだな。

          ま、いずれ静まったら見えてくる〜^^)


          そんな心持ちで。



          手を打たない、という

          手の打ち方もあるのです。



          今日、面談をしたあなたへ。


          それでは素敵な夢を。

          ……光静……

          今日はこんな絵を描きました。


          月落ちて天を離れず


          月が出たとか、出なかったとか

          人は勝手に言うけれど、

          月はいつもそこにいて、本分を忘れず

          天を離れることなく

          地球バランスを保ってくれています。


          偉大なる愛の中にいる私たち。


          もっと、ドンっと構えていい。安心の中で。



          おやすみなさい。




          おしょーにん * - * 00:26 * comments(0) * -

          愛を間違えない、ということ

          0

            瀧本です。


            今夜は一言だけ。



            我々は間違えてはいけない。



            人の数だけ

            正しさは存在するもの。


            「私は正しい」と思った途端、

            相手「間違えている」と認識してる。


            自分の正しさを押し付けないで

            「優しさ」を。 


            愛を間違えないで。


            おやすみなさい。

            素敵な夢を。

            ……光静……







            おしょーにん * - * 23:23 * comments(0) * -

            いつもと変わりなく、ということ

            0

              瀧本です。


              この季節、全ての人の注目を集める桜たち。

              年に一度、どうだ!とばかりに咲き乱れる

              春のスーパースター。


              けれど、今、コロナウイルスのため、

              人が通らないという異例な桜通り。


              桜たちはどう思っているでしょう。


              せっかく一年かけて咲き乱れているのな

              誰も見に来てくれないのかよっ、と

              思っているでしょうか?



              ニュースの街角インタビューで

              「花見が出来なくて残念だ」


              「関係ないよ、花見はするよ」


              と様々な意見を聞きますが、

              きっと桜たちは、

              そんなことには無関心なはず。


              そう。


              彼らは、ただ

              そこに生き、そこで咲き、そこで散る。


              周りに流されることなく

              誰が見ようが見まいが

              自分の在り方を全うする。


              人っ子一人いない桜公園で

              満開に咲き乱れる桜たちを想うと

              こんな言葉が浮かびました。



              チョーかっこいい



              今できること、

              今、ただ自分らしく在ること、


              それを教えてくれていると思います。




              マジかっこいい!



              そんな言葉が口から突いて出ながら

              桜の絵を描きました。



              リズムを崩さず堂々と君臨する大自然。


              その見事な営みに目を向けられるチャンスは

              目まぐるしい忙しさの日常にもまれると

              なかなか無いものです。


              人の意見に流されることなく

              優しさを忘れず、

              慢心を持たず、



              今を生きる



              命をどう生きるのか、が

              地球規模で試されているように思うのです。




              仏教の言葉にこうあります。



              忍辱(にんにく)



              優しさをもって

              自分を信じて、グッと耐え忍ぶことが

              必要なときがあるものです。

              心を強くもって。



              そして、

              どーーせグッと耐えるなら

              睨み付けるような心ではなく

              桜が春の到来を静かに待っていたように

              穏やかな心で事の終息を見守りたいな、

              そう思うのです。


              それでは素敵な一日を。

              ……光静……




              おしょーにん * - * 08:58 * comments(0) * -

              心のお花は満開で

              0

                夜桜を描きました。

                これでお花見を^^

                瀧本より愛を込めて。



                おしょーにん * - * 14:55 * comments(0) * -

                どうせするなら、ということ

                0

                  瀧本です。

                  今日も穏やかにスタートしましたか?^^


                  ウイルスの話ばかりで

                  心が沈んでしまいがち?


                  何度も何度も繰り返される報道内容は

                  確かにジワジワと心に重く浸透してきますね。


                  自分の課題、

                  つまり出来ること、と、


                  政府の課題、

                  つまり自分には出来ないこと、を

                  ごちゃ混ぜにしないように

                  キチンと分けてこの社会現象を

                  見守ることが大切ですね。


                  こんなときに是非とも加えて欲しい

                  一言があります。


                  それは




                  「どうせなら」




                  どうせ家に居るなら

                  すごく綺麗な部屋で過ごそうっと!



                  人とお話しするなら

                  どうせなら楽しい話をしようっと!



                  どうせ電車にのるなら

                  本を読んだり

                  お気に入りの音楽を聴こうっと!



                  実は先日、電車に乗っていたとき

                  乗客同士の言い争いがあり、

                  次の駅で数名が降ろされる、という

                  出来事がありました。



                  え?なになに?



                  近くに居た人に、何があったのかと聞くと

                  一人の男性がゴホゴホ咳込まれていたそうで

                  それを若いカップルが誹謗したとか。


                  私には全て聞こえなかったのです。

                  それは、集中して本を読んでいたから。笑



                  同じ境遇にいても、聞こえなかったら

                  「無かった」のと同じですね。^^




                  どうせするなら、



                  この言葉は私の宝物。


                  食事、

                  お風呂、

                  歩く、

                  お金を払う

                  仕事


                  生活の全て、



                  どうせするなら楽しく!



                  どうせ自粛するなら


                  チョー笑顔で、

                  珈琲も、あぁ美味しッと飲んで

                  散歩も、あぁ楽しッ(^^)と歩いて

                  洗濯も、あぁ気持ちイッと干して

                  お昼寝も、あぁ贅沢ッと寝転ぶ!



                  究極は



                  どうせ生きるなら



                  です。



                  どうせ生きるなら幸せに




                  コロナの最中、不マジメ?


                  いえいえ、人生を真剣に捉えるとは

                  こういうこと。


                  コロナで心がコロコロしてる方が

                  人生に不真面目だと思っています。


                  我々は、いずれ大宇宙に帰る身。


                  何がどうあっても、



                  今を生きる




                  帰家穏坐

                  きかおんざ


                  長旅から帰った時に

                  あぁ、帰ってきた。とホッとする心。

                  地球の旅に来たからには地球旅を楽しんで

                  あちらに帰ったときは

                  あぁ帰ってきたー、とホっとしたいもの。


                  生まれ変わって、また地球にきたら

                  あぁ、帰ってきたー、とホっとする。


                  どこに行ってもホッと。^^



                  そのコツは



                  どうせするなら


                  の実践ですね。


                  さ、

                  どうせ今日もお仕事するなら

                  チョー楽しんで。いってらっしゃい!


                  それではステキな1日を!

                  ……光静……


                  会員制サロンで、色々お話しています。

                  https://lounge.dmm.com/detail/984






                  おしょーにん * - * 08:05 * comments(0) * -

                  周りの向上心に便乗する、ということ

                  0

                    瀧本です。


                    朝ラン&野菜スムージーの日課を終え

                    さて、と。

                    午前の時間をどう過ごすか。

                    どんな思考を使うか。

                    これが、一日を決めるし、一ヶ月を決め

                    一年、一生を決める。



                    昨日から、新たな技法に没頭。

                    金粉を混ぜたり、水彩色鉛筆を削って混ぜたり。

                    心がずーーっとワクワクしてる。


                    こんな言葉も書きました。

                    山青くして、花、然(も)えんと欲す


                    季節が進み、暖かくなってくると

                    山々はどんどん色濃くなる。


                    山は青々し、

                    透明度がます川の流れさえも

                    それらを写して緑色にみえる。


                    そして、周りの花たちも

                    自らの色を燃え立たせるように色濃く咲く。


                    自然界のエネルギーが一斉に頂点にむかう

                    ような美しさ。この有様そのものが仏である、

                    という言葉です。


                    昨今、

                    テレビ報道は、心が暗くなることばかり。


                    我々は、マイナスを一つ見つけると

                    そこに紐付くマイナスを、えっさほいさ!

                    と集める習性がある。


                    情報の集め方、活用の仕方は自己責任ですが

                    自分が撒いたマイナスの種は、案外、

                    他人の心にも種をまいているものです。


                    お釈迦さまはいわれます。



                    自然界に従え


                    自然界のエネルギーには

                    ネガティブがない!(^^)


                    山が青くなれば、鳥は集まり、水は透き通り

                    野畑は一斉に咲く。

                    そして、それに魅了されて、

                    我々人間は、その姿に触れたくなって

                    ハイキングにでかける。

                    やはり我々の命は



                    大自然ファースト



                    のようです。


                    これに学んで

                    一つのプラスエネルギーを見つけたら、

                    自分の中で増幅させていこう!


                    いつもそう思っています。


                    周りをよーく見てみると、

                    向上心をもって輝いている人は

                    思いのほか、沢山いてくれるものです。



                    それを、ちゃんと見る




                    そして、取り入れる



                    で、増幅させる!



                    なぁーんにも出来ない瀧本ですが、

                    一つのプラスの種になりたい、と

                    願いながら生きています。




                    全然できていませんが。^^;


                    志しが大切!



                    さ、

                    良きをみて、悪しきには気をつけて

                    今日も役割を全うしたいと思います。


                    それでは素敵な一日を!

                    ……光静……











                    おしょーにん * - * 09:16 * comments(0) * -

                    野花から学ぶ、ということ。

                    0

                      瀧本です。

                      今日は時間がたっぷり。


                      ピアノ、ドラム、書画、のお稽古を交互に

                      トライアングルをえがくように

                      家の中をクルクル。笑


                      休憩にブログ更新。


                      ランチタイムにこんな言葉をどうぞ。



                      花枝自短長


                      花枝(かし)自ずから短長(たんちょう)



                      我々はそれぞれの個性を持ち、

                      全体の一部として大きな調和を

                      もたらしているのだよ、の意。


                      花たちも、長い、短い、があり

                      茎も太い、細いがあるけれど

                      それこそが全体調和の姿。


                      自然界は、愛の厚薄もなく

                      常にそこに真理をみせてくれていますね。


                      慈雨は常に同じように降り注いでいるのに

                      すぐに忘れてしまう。


                      さっき

                      道端をよくみて歩いてきました。

                      小さい野花がいっぱい。

                      みなさん、足元のお花、見えてます?笑


                      立ち止まって眺めました。


                      そんな時間を持てていることと、その

                      小さなお花に目をやることができ始めた

                      自分に喜びを覚えます。


                      帰ってきてから再び書を。

                      すると、新しい技法を発見。

                      これは試し書き。

                      もう少し研究して、大作を書こうと思います。

                      花弁っぽい字、かわいい。


                      それでは素敵な午後を。

                      ……光静……



                      おしょーにん * - * 11:46 * comments(0) * -
                      このページの先頭へ