苦の発生地点と解決地点は同じ、ということ

0

    瀧本です。


    お久しぶりです。こんばんは。
    緊急に答えを下さいーー!とのご相談が。
    なので、お風呂の中から更新です。笑
    のぼせちゃわないようにしなきゃ。( ̄▽ ̄)


    携帯をジップロックに入れて映画を観てました。
    映画を中断してお返事を。笑笑


    ご相談をまとめるとこんな感じです。
    ………………
    雄弁に話をする人を見て、とても憧れる。
    どうすればあのように出来るのか。


    場の空気を読んで、スムーズな対応を
    する人を見て、私には出来ない、と落ち込む。


    上手に人の話を聞いている人を見ると
    (あぁ、私にはあのような対応は出来ない)
    と羨ましく感じる。


    先生、人間力というのは、どのようにすれば
    身につけられるのでしょうか?


    同年代(50代)で美しさを保ってる人を見ると
    自分の姿がとことん老いて見える。


    思考がマイナスばかりで、こんな自分を
    変えたいのです。嫉妬を感じる心をなくすには
    どうすべきでしょうか?
    …………


    誰もが感じること。


    上手にお話をする人をみて、
    あぁ、なんて気持ちいい話し方なんだろう!
    あんな風にできたらいいなぁ〜……


    場を爽やかにまとめる人をみて
    あぁ、なんて細やかな気配りができるのだろう
    素晴らしいなぁ〜〜


    誰もが感じることです。


    そう感じることに自己否定をする必要など
    一つもなく、むしろ、向上心の表れ。
    素敵な感情だと思いますね。


    私こそ、いつもそう思ってます。
    表現豊かな人と出会うと、
    わぁお!素晴らしい!と感動します。


    いいなー!いいなー!素晴らしいなー!と。


    タマさん(ご相談者のペンネーム)以上に
    いいなあーー!と騒いでいると思います。


    他人の優れている箇所をみて
    いいなーと感じること、
    ここまでは一緒ですね、タマさん。




    そして、ここらか展開の相違があります。


    タマさんは、自分より優れている人をみると
    あぁ、自分はダメだな、と自己否定。




    私は、自分より優れている人をみると
    あぁ!なんてラッキーなんだ!と自己肯定です。


    自分より優れている人をみて、自己否定?
    なんじゃそりゃ??と思いますよね。笑


    答えはシンプルです。




    目の前に
    質問できる人が
    現れてくれたからです




    なんとラッキーな人生でしょう!


    今、目の前に
    私には出来ないことをサラリとしている人が
    まさに現れてくれたのです。


    こんなラッキーなことはない!




    そう。


    質問できるのです。


    どうすればそうなれるのか。
    何を意識しているのか。




    分けてもらえる機会が
    目の前にあるのです






    私はその方をロックオンして
    徹底的に質問します。


    教えて〜〜!と質問ぜめにします。


    当然、相手の方は快くお話ししてくれる。


    私はノートを開いてカキカキカキカキ。




    わかって頂けたでしょうか?




    タマさんは、その対象ではない「瀧本」に
    後からまとめて相談をされています。


    もちろん、それも一つの向上心ではあるけれど
    その感情は、瀧本をみて生まれたものじゃない。




    肝心なのは、
    いいなぁ、という感情が生まれた「場所」こそが
    コツを獲得できる最高の場所だ、ということ。




    嫉妬や悲しみが生まれた場所こそ
    その答えを獲得できる場所。


    質問するのです。
    ニッコリ笑って、教えて!と聞くのです。
    家に持ち帰る必要などないのです。


    嫉妬を感じる心をなくすべき?


    とんでもないですよー。
    嫉妬、という解釈を改めて、
    伸び代を発見した!と捉えてみる。




    そして、伸び代を伸ばしてくれるのは
    目の前に現れてくれた、対象の人です。


    その人から感じたのなら、その人へ聞く!




    「いや、瀧本流を聞かせてほしかってん」と
    思ってくださっていたなら、それはまた。
    そんなことよりもっと大事な姿勢は
    その本人へその場で聞く、ということ。




    もう一度お伝えします。




    人を見て、(いいなぁ)と感じたら




    なんてラッキーなんだ!私は!
    です。なぜなら


    わぁお、師が目の前に現れてくれた!
    からです。




    仏教では
    苦しみの発生地点と
    解決法の発見地点は同じ


    と教えられます。


    苦しみを感じたとき、周囲をよく見て。
    解決の道はそこにあるのです。




    はぁ〜。
    ここまで書くのに15分かかりました。
    のぼせてきた。笑笑


    なので、この辺で。( ̄▽ ̄)あっ〜〜


    いつもなら、内容にちなんだ書を
    貼り付けるのだけど
    お風呂の中なので、またの時に。


    それでは素敵な夜を。
    ……光静……




    あ、



    同年代(50代)で美しさを保ってる人を見ると
    自分の姿がとことん老いて見える。


    とも書かれてましたね。


    弾けるような笑顔は
    何歳になっても美しいものです。




     

    おしょーにん * - * 20:50 * comments(0) * -

    =帰国しまーす=

    0

      色んな学びがあったハワイ。
      帰国します。




      小さな命とお友達になった。
      みんな、生きるために必死。
      命がけで食べ物を探してる。


      ビーチに来る前、カフェで残したパン、
      思い出すととても心が苦しくなった。




      ちょっとハワイに行きたいねん、と
      数ヶ月前にポロリと話すと
      じゃあ行きましょう、と
      日程を合わせてくれた弟子たち。
      ありがとう。






      では、帰国したら、
      また更新します。

      おしょーにん * - * 07:43 * comments(0) * -

      生きる時間軸を変える、ということ

      0

        瀧本です。


        間も無く名古屋。




        内容は様々。
        辛くて悲しくて……とのご相談が数件。


        今朝は一言だけ。もう到着なので。


        よけ噛み締めて読んで。


        さ、時間軸を変えてみよう。
        過去の犠牲者として生きるか
        未来の創造主として生きるのが。


        あなたが決められるのです。


        ……光静……



         

        おしょーにん * - * 09:38 * comments(0) * -

        真実は自分の目で見る!ということ

        0

          瀧本です。
          おはようございます。




          自分の目で見よ




          という言葉が目覚める直前のメッセージだった。


          こりゃ何かあるな?とメモに残して
          朝の大切なルーティンを始めた。




          ズキズキ痛む右肘はなかなか治らず
          今では洗濯物のタオル一枚すら
          持つことができない始末……




          もうじき海外にも行くし、
          私の名前が冠になっているKOSEIカップという
          コンペも間もなくなのにえらいこっちゃ…




          先日、友人から
          ひょっとしたら骨の異常で手術が
          必要なレベルかもしれないから、一度
          病院でちゃんと検査した方がいいのでは?
          と言われたのを思い出した。




          病院、行ってみよう




          庵から近い整形外科を検索。
          通院が必要になった時に便利なように
          「近さ」を選択の指針にした。


          ヒットした数カ所の病院のサイトを見ると
          パッとするような病院はなかったけれど
          徒歩10分の距離に一つあった。


          ジョギングでも通ったことのない
          込み入った住宅街の路地裏に位置してる。




          口コミ件数、多いじゃん!と読んでみると
          二度といかない!
          なんだこの病院は!みたいな文章が並んでいた。
          (えー?そっち方向の口コミかぁ…)


          と、他の病院のサイトへ移動して調べなおした。




          人間とは不思議なもので、
          口コミが気になりだすと、その情報で
          真実を知ったような気になる。


          列が出来ているラーメン屋は、大して
          美味しくなくても美味しく感じるのと同じ原理。


          脳が認知的節約を作動するために起こる
          心理作用だ。人の意見に乗っかっておけば
          脳は調査せずにすむので楽できる。


          色々調べるうち、
          何がいいのかわからなくなったので

          まぁ、命に関わる痛みでもない、の思いで
          リサーチの指針にした「近さ」を重視し
          どことなく気が進まないながらも
          最初にみたサイトの病院に行くことにした。



          Googleマップがなければ到着できない
          車一台通るのもやっとのような路地裏に
          病院はあった。とても古びていて、営業してる?
          と不安になる入り口。ほんとにオンボロ。


          カルテを書いて待合室の椅子に座るも
          椅子の数が少なすぎて、
          高齢の方々が立って待つ始末。
          私一人が席を譲っても全く意味が無かった。

          患者さんはかなりの高齢の方々。


          1時間待ちと言われたが
          勉強セットを持参してるので1時間など楽勝。


          その時、気づいた。というか見えてきた。
          ここの待合室、学びの場だ、と。


          (何年前に書いたのだろう)
          色があせ、破れながらも張り直しは
          されてないいたるところにある張り紙。




          「杖に数字の札をつけておくと
          大切な杖を間違えなくて安心です」


          と、巨大な文字が杖置き場に。
          言葉のセンスがいい。
          ゴムで数字札を腕に通しておく仕様。
          優しい。




          診察券を入れる箱と
          リハビリ予約券とを間違えない工夫も
          キラリと光ってる。こりゃ間違えないぞ。


          スタッフの方の話し方もいい。
          とても大きな声で、かなりスロウ&クリア。
          (あれを一日中。肺活量いるやろなぁ)
          と敬意をはらってしまう。


          エレベーターの上下のボタン。


          あがる


          さがる



          とA4用紙にドカンと書いてある。
          わかりやすい。



          ワクワクしてきた。素敵な空間。
          私は紛れもなく最年少患者だ。
          そして、いつか必ずこれらの気配りに
          守られながら通院する日が来る。


          そこへ初来院の患者が入ってきた。


          キョロキョロと周りを見渡し、
          私が今ここで説明した張り紙などを見て
          「何ここ?やっぱり高齢者向けの病院やんか」
          と言って出ていった。

          その人には見えなかったのだ。
          院内に散りばめられた慈悲が。

          ある言葉を思い出した。


          子を叱るな、己が来た道。
          老人を笑うな、いずれ行く道。



          瀧本さーん、こうせいさーーん
          と呼ばれたので、
          さっきの人を呼び止めようとした心は
          一旦しまいこんで、診察室にはいった。




          70代半ばの先生。
          手際のいいリズムあるインタビューが続いた。
          早口。
          50代の私に合わせたスピーディな会話だ。


          「瀧本さん、ハキハキと気持ちいいね。
          人前で話す仕事か?」
          はい、講演家です、というと
          素早く横にあるPCで私の名前を検索して発見。


          「仕事での移動の際、
          キャリーバッグばかり使ってるね?」




          キャリーバッグとは、
          後ろに引いて歩き、そして立ち止まる際、
          バックを体側に引き寄せる動作を繰り返す。
          それはまさに
          テニスでラケットを振り回しているのと
          全く同じだ、という。


          「ということで、
          瀧本さん、毎日テニスプレイしてるんやで。
          そら、痛めるわ!」


          と、気持ちいい説明をレントゲン結果と共に
          伝えてくれる。


          「ジョギングしてるね?1日何キロ?」
          この質問にも驚いた。


          足の筋肉が年齢にしては見事だ、と。


          「ジョギングは続けて。でも腕は鍛えられない。
          かなり駆使してるから休ませること!
          書をかくのは問題ないからね。
          とりあえず、ゴルフはできるようにしとくわ」


          魔法のような会話だ!んー、気持ちいい!
          ササっとブログを回覧したようだ。
          スピード感が溢れる。


          腕に注射をするために別室へ。
          次の患者さんと入れ替わった途端
          「きょうは、どぉされましたかぁー」
          と、超スローでボリューム最大のトークに
          早がわり。


          私の心は楽しくて嬉しくてワクワクマックス。
          プロだ。

          注射をもってきた先生は笑顔で私にいう。
          「注射、痛くないからねー、
          今日から別世界になるで〜。痛み止まるで〜」


          ブスッ




          チョ〜痛い。マジ痛いー。笑笑
          「先生の嘘つき〜!いででででぇ〜〜」


          心は痛くないやろ?
          はい、これでまた頑張れるで!


          と、また次の患者さんのところへ消えて
          行かれました。素晴らしい……




          口コミサイトに星100個つけたくなった。




          自分の目で見よ





          ここになって朝のメッセージがよくわかった。




          youtubeやSNSにある、イイねボタンと
          その反対の批判用の、良くないねボタン。


          良くないねボタンを押す人口が
          群を抜いて最も多いのは日本人である、という
          調査結果がある。

          良くない、と思ったら二度とそれを
          見なければイイだけなのに、わざわざ見て
          わざわざ押すか?と理解ができない。


          そして、その無責任な情報で
          私たちも判断しがちな一面がある。


          ある一面だけで決めるのは人生を損する。




          人間関係もしかり。




          前後の流れをくまず
          一面だけをみて、さも全てを見たと思うは
          最も愚かな行いである。釈尊



          最初、
          この病院のサイトの口コミを見て
          心のどこかで低評価した私はまさに愚か者代表。


          目がさめるような学びだった。


          今、腕は全く痛くない。


          改めるべき心の闇はまだまだある。
          自分の闇を見つけたようでとても嬉しい。


          私もあの先生のような人でありたい、
          心の底から感謝した。


          さて、と。今日もいい一日になりそうだ!
          日々、上書き保存される気付きを大切に、
          進化できる1日を歩みたいと思う。

          自分の目で見る!
          まさに自灯明だ。


          それでは自分を拠り所にしたステキな一日を!
          ……光静……


          年末の大忘年会の申し込みが
          スタートしています。(^^)
          忘年会を「はじめまして」の場にして下さっても
          大丈夫ですよー。ぜひお越しくださいね!


           

          おしょーにん * - * 09:39 * comments(0) * -

          責任、とは〇〇能力のことだった!

          0

            瀧本です。


            瀧本の最近のマイブームは「責任」
            以前にも書きましたが、
            より一層思考を深めることで
            面白いことに気付きました。


            それが、「責任」とは「創造性」である、
            ということ。



            責任、は創造性!




            よかったら、このマイブーム、
            真似ちゃって下さい。(^^)




            もし、あなたがある人や状況に対して
            苛立ったり、傷ついたりしたとき
            心の中で何が起きているのか。
            どんな解釈がなされているのか。


            それは




            なぜ私がそのようなことを
            言われなきゃならないのか!






            私に関係のないことなのに
            なぜこんな思いをさせられるのか




            このような感情により
            苛立ったり傷ついたりしているはず。




            つまり、
            その状況に対し、自分には
            全く関係性はない



            と認識しているということ。


            責任は無い!


            無、責任!


            無責任!です。




            ところが、その「無」を外し
            「責任が有る」へ解釈をスライドしてみると
            とても素敵なことが起こります。


            =この件に関して多少なりとも自分に責任がある=




            責任とは、何を意味するのでしょう。


            責任とは、今置かれている状況に対し
            誰に対しても非難せず、受け入れた上で


            その状況に対する創造的な
            思考をする能力
            を意味します。





            仏教では、
            全ての出来事は、好機への導きであり
            望まぬことに見えたとしても
            全て好機へ繋がるために起こる、
            との解釈があります。




            私には関係がない、と解釈している時ほど
            関係がないのになぜこんな仕打ちに……
            と怒りや悲しみが湧き上がりますが


            責任を内側へ持ち込んで血みると、


            「ふむふむ。確かに、私にも多少の責任はある。
            ならば、望ましい状況になるように
            どこをどのように進化させようか。
            どのような手があるか」


            と創造性が高まってきます。




            信頼している人からどんな言葉が出てきても
            (あぁ、こう言わせてしまう責任が
            きっと私のどこかにあるのだな)と
            責任として受け取ってみると
            傷付くどころか、関係性が向上できる好機として
            創造がはじまる。
            ( ̄▽ ̄)スバラシイー




            ところが「無責任」でいると
            なぜこんなことを…
            ひどいじゃないか〜!と
            自ら傷付いてしまい関係性はもっと拗れる。




            自分の人生に責任を取る、とは


            まさに


            自分の人生を創造する、
            ということなのです






            そんな解釈で、今日一日の出来事を
            じーっくり観察してみて下さい。




            全てに責任をのせてみると
            周りの全ての環境に対し
            独創的な創造性が働き出します。




            物事から距離をおいて
            私には関係ない、という態度の方が
            なんだか楽チンなんじゃね?と
            解釈されがちなのですが、
            東洋思想はその反対!




            関係性があるぜぇ。
            ちと、責任があるんじゃねぇか?


            と、出来事の責任を内側へ引き寄せると
            苛立ちも起きませんし
            その出来事を好機にしようと
            創造性が働き出す。




            責任とは
            創造性な応答をする能力のこと。


            ワクワクしますね。(^^)


            さて、と。今日は何が起こるかな?

            アイラブ人生創造


            ともすれば


            アイラブ責任
            ですね。( ̄▽ ̄)わーい



            どんなことでも、
            自分にも何らかの関わりがあるはずだ、の志で
            歩みたいと思います。


            それではステキな一日を!

            沖縄より更新でして!では!
            ……光静……

             

            おしょーにん * - * 09:23 * comments(0) * -

            =もう少ししたらサロンでライブしまーす=

            0

              瀧本です。


              ご相談内容
              …………
              仏教に興味を待ち始めたので


              近くのお寺の住職の法話会に参加。
              そこで話された内容に疑問が。


              内容は「因果の法則」


              悪いことをすれば悪い結果が。
              良きを働けば良き結果が。というものでした。


              実は今、心のバランスを崩し
              仕事に行けず休養中。


              家にいてテレビを観ていると
              人のことを悪く言う人がたくさんお金を稼いで
              いたり、言葉が荒々しく人を批判している
              ような方々が有名になっている。


              とても理不尽だと思い、苛立ちを覚える。


              なぜ、あのような人達が裕福なのか。


              私は因果の法則を勘違いして
              受け取っているのでしょうか?


              私はどちらかというと、真面目に頑張ってきた
              と思います。何もわかっていない私に
              お言葉を下さい。
              …………
              というお便りを頂きました。


              今日はブログではなく、ライブ放送で
              お伝えします。10時くらいかな〜。


              FBサロンではなく、新たなサロンでの配信です。
              お間違えなく。(^^)




              お昼から沖縄いってきまーす。


              ……光静……



               

              おしょーにん * - * 09:39 * comments(0) * -

              =とっても怪しいステキなメッセージがきましたよ=

              0

                瀧本です。


                今日は一日中、好きな事、で
                時間を楽しみました。それは読書。
                東洋の時間論の研究です。マニアック〜〜


                そんな中、不思議な?(必然的な?)ことが
                まさに今、あったので更新。


                怪しいブログになります。笑笑


                本をデスクに積み上げ、
                各部屋に流れる有線はα波に設定。
                ワインを飲みながら、読書三昧をしてました。


                心が「楽しい」と震えていました。




                そして、気付けばウトウト……




                数分間、リプライニングしたチェアで
                うたた寝。




                その間に見た夢が鮮明で
                目が覚めた直後に紙に書き留め。




                それがこれ。


                なんだ?
                へ?


                でした。が、何かのメッセージと思い
                Googleで検索。


                一般相対性理論とブラックホールの偉大な専門家、
                キップ・ソーンの率いる本格的なチームが
                協力して制作された映画がヒットした。


                この時点では、何だか分からなかったけど


                ふぅん…と流し読みした後、
                先日、名古屋コンサートにきてくれた法友が
                くれた本が気になり、バサっと適当なページを
                回覧したら!!!


                おぉーーーー!
                キップ・ソーンというノーベル賞受賞の博士の名!
                時間の概念について考えさされる映画の監督、
                とある。


                かなり驚いてます、今。大興奮。




                どんな映画なのかなぁーと
                Netflixで調べてみたら!!!




                ありました!マジかー!!




                「インターステラー」


                かなり話題になったと、情報にはありますが
                瀧本は全く知りませんでした。汗




                時間軸の歪みや、時間軸の並行存在について
                SF的でありながら、学べる映画のよう。


                ワクワクしてきました。




                今からこの映画を観まーーす!




                Netflixメンバーの方、みて下さい。


                今度、一緒に感想を。笑笑




                間違いなく、この映画の中に
                今の私に必要なメッセージがあるはず。


                こんな感じでメッセージは来るんですね。
                ちょっと鳥肌!


                では、更新したし、
                映画を楽しみたいと思います。笑笑


                ……光静……


                 

                おしょーにん * - * 21:10 * comments(0) * -

                必要な時に必要なメッセージが必ず来るという法則

                0

                  瀧本です。


                  一度は死の淵に立った中、
                  失うことのない希望と、
                  生きる、という信念に導かれ
                  「余命2ヶ月」の宣告から生還した法友が
                  先日の名古屋コンサートの会場で
                  涙しながら聞いてくれていました。



                  手元をスクリーンに映し出して
                  書画を書きながらの法話。


                  クライマックスの教えは会者定離



                  私たちは、今生きていることを
                  当たり前に捉えすぎている。


                  また明日ね、の何気ない約束は
                  いつか叶わない時がやってくる。

                  人生を列車に例えてお話をした。




                  親しか乗っていなかった車両に
                  次から次へと色んな人が乗車してくる。
                  友人、先輩、恋人、上司、……
                  どんどん賑わう人生列車。


                  ところが、じゃあね、と
                  一人二人、と愛する仲間が突然下車をする。


                  唖然としていると、車掌は私へ言う。


                  お客様、次の駅です、と……


                  こんなメッセージの映像をみて頂きながら
                  ル・アミターユ の相方、
                  美千光の演奏が心を打つ。




                  出会う数と別れの数は同じ




                  心から喜びを感じる出会いは
                  身を裂く苦しみとセットでやってくる




                  会者定離



                  出会ったなら別れがある、という定めを
                  心して受けとめ今日を生きる




                  スクリーンに映しながら、この教えを書き
                  会場に来られた方に抽選でプレゼントする
                  という企画をした。





                  サブタイトルは
                  定の中で美しく生きる、
                  と書きました。


                  命には期限があることを指し示す尊い教えは
                  時間を無駄にせず今を生きる重要性と
                  今生きていることへの感謝が
                  薄れないように強く導いてくれる。




                  皆さんの名前が入っている抽選箱から
                  一枚引き上げた。


                  それが、余命2ヶ月から生還した彼女だった。


                  涙いっぱいにして、ステージまで
                  取りに来てくれ、皆さんへ熱い思いを
                  話してくれた。会場は拍手喝采だった。


                  今回、「ほっこり光ちゃん」のやわらか焼きを
                  参加者全員へ亀屋本店様がご用意下さり


                  ※(ご本人の末吉社長様はこの度の台風により欠席。
                  なのに、施しをして下さいました。
                  深謝申し上げます。


                  このお菓子のパッケージには
                  わざわざ全て違う教えを印刷して下さってます。
                  どれほどのお手間か…。
                  本当にありがとうございます。)


                  受付でランダムにお渡しして行ったのですが
                  彼女から、こんなステキなお便りと写メ!





                  彼女の手に渡ったやわらか焼きに書かれている
                  教えが、なんと会者定離だった、と。
                  あんなにいっぱいの種類があったのに。


                  必然。本当に。


                  ある時から彼女の発言がかわりました。


                  〜のせいで……の「せい」が全て
                  〜のおかげで…に。




                  我々は、望ましくないことがあると
                  うっかり「アレのせいで…」と言う。


                  事実、その「アレ」に当てはまるモノが
                  好んでいないことであればあるほど強く言う。




                  けれど、今の彼女は違う。


                  「自分の今までの行き方を根こそぎ
                  変えることができたのは病のおかげ。
                  明らかに、病の後の人生の方がステキ。
                  あらゆるつながりが分かる。
                  感謝が日々、ちゃんと見える。
                  そして、いずれ来る人生の終焉のときは
                  後悔などなく、笑顔でありがとうと言える。」




                  透き通るような笑顔で
                  いつもお勉強会にきてくれる大切な宝友です。




                  <会者定離>えしゃじょうり






                  私も改めて心に刻もうと思う。
                  Nちゃん、ありがとう!




                  我々は、さりげなく届けられている
                  宇宙からのメッセージに、もっと敏感に
                  なるべきだと思います。
                  気付かない今も、守られています。




                  メッセージは、あらゆる景色の中や
                  電車のつり革広告、
                  何気に聞こえてくる他人の会話、
                  たまたま目にとまった書店の一冊の本、
                  そんな風に届いています。




                  目まぐるしく起こる出来事に
                  心を暗くしてしまっていると何も見えない。


                  心をゆったりと。そして「今」に生きる。




                  会者定離




                  これは、苦しみとの出会いにも引用して
                  心を支えることができるように思っています。
                  苦しみと出会っても、それは必ず離れていく。
                  一時的なお客様です。






                  それではステキな夕暮れを。
                  ……光静……
                  ル・アミターユ
                  九州公演、広島公演が決まっています。
                  日程はまた。



                  来年は海外公演です。

                  リハはこんな感じ。笑笑













                   

                  おしょーにん * - * 17:06 * comments(0) * -

                  =逆視道大阪7期が始まります=

                  0

                    瀧本です。


                    逆視道からお知らせです。

                    逆視道 大阪7期生 日程決定しました。




                    2級
                    10月30日(水)
                    11月27日(水)
                    12月18日(水)

                    1級
                    1月15日(水)
                    2月12日(水)
                    3月11日(水)



                    会場は 御堂筋線東三国近く。
                    詳細はお申し込みを頂いた方にお伝えします。



                    時間は18時又は19時
                    どちらかになる予定。



                    逆視を受けたいけど・・
                    興味はあるけど・・と


                    今、すぐ決断できないという方のために
                    10月30日の2級-1の本講座が
                    オリエンテーションになっていますので
                    それを受講されてからお決め下さい。

                    必ず申し込みたくなっちゃいます。笑笑

                    逆視道ホームページ


                    東洋思想には
                    我々の人知を超えたモノの捉え方があります。




                    本当の瞑想とは?
                    これを知ると今までの概念がひっくり返ります。
                    (この内容をオリエンテーションで受講して
                    頂けます)


                    思いをはせる、とは?
                    我々は常に思考します。
                    そして、その思考を「自分の性格」だと
                    思っています。が!そうじゃない!


                    思考は、一つの目的を持って自動装置のように
                    勝手に浮かび上がってきます。
                    それを感じ取ると「感情」になります。


                    この感情の連続がオートマチックに
                    「あなたの人生」として蓄積されますが、
                    自動装置に任せておいては大変!


                    お釈迦様は言われます。


                    心を主とするなかれ
                    あなたが心の主となりなさい




                    そう、思考は自分で選べるのです。(^^)
                    好ましい思考を形成・選択し始めた時、
                    目の前の事象が違って見えてきます。


                    私たちは苦しい時、
                    目の前の出来事に対して、
                    何らかの手をくだそうとします。
                    あるいは、回避を選びます。


                    けれど東洋思想はそのどちらも関心しません。




                    無意識に行われている出来事への解釈を
                    根こそぎ進化させることで
                    あ〜〜ら摩訶不思議!
                    現実が望ましいカタチとして捉えられるのです。
                    ( ̄▽ ̄)わぁお!


                    そして逆視道の特徴として、
                    カリキュラムの中でチョー大人気なのが
                    「時間」の講座。


                    時間とはどうなっているのか?
                    限りある人生の時間とは、
                    どのようなシステムになって
                    我々の人生を駆け抜けているのか……


                    これを知ると、
                    まず、過去の認識が変わります。
                    そして、未来という時空も変わります。


                    文字にするとややこしいですね。笑笑

                    ややこしいから、文字にするの、
                    やめときます。笑笑


                    ぜひ、一度お試しでお聴きくださいね。
                    お待ちしていまーす。(^^)






                    東洋思想という学問って膨大な量なので
                    手始めを、どこから始めたらいいのか
                    わからなーい、とよくご相談を受けますが、


                    逆視道から!がいいです。


                    これだけの内容を、よくこれだけの低金額で
                    公表しちゃうんですね、とよく驚かれます。
                    自分でもそう思う……( ̄▽ ̄)あはは

                    ……逆視道協会代表・瀧本光静……



                    メイン講師は瀧本が担当します。



                     

                    おしょーにん * - * 11:09 * comments(0) * -

                    つまり仏教って何ですか?

                    0

                      瀧本です。


                      仏教とは何か、と聞かれた時
                      先生はどのように答えられますか?


                      と、シンプルながら奥深い質問を受けました。
                      ご質問を下さったのは他宗のご住職。
                      ボケ〜〜っとラグビーを観ていたときに
                      突然の電話だったので、ブログに書きます、と
                      電話を切っちゃった。笑
                      てな訳で更新します。


                      宗派によって教えの解釈は相違する箇所が
                      ありますが、この質問への答えは
                      大筋、一致していると思うのですが。


                      ただ、日本仏教は行事や所作を重んじ過ぎて
                      先祖供養やお墓まいりが仏教だと
                      思われている方が多いのは確か。



                      仏教とは何か




                      仏教が何なのか、が分かりにくい理由として
                      仏教が目指している目標が、あまり明確に
                      されていないことが挙げられるように思います。




                      何を目指しているのか、が分かると
                      それだけで仏教全体が見えてきます。




                      仏教の目標はちょ〜シンプル。




                      安寧な心の獲得


                      つまり




                      絶対的な幸福です。



                      二度と同じ苦にもどらない
                      完全なる苦からの離脱です。




                      幸福、という言葉を使うとき、
                      幸福とは何か、という「幸福の定義」を
                      明確にしておく必要があるでしょうが
                      ややこしいことはパスしておいて
                      つまりは、出来事や事情に左右されない
                      絶対的な心の幸福感のこと。




                      苦しみから完全に離脱することを解脱といい、


                      解脱して得る安らかな境地を涅槃といいます。




                      つまり、涅槃に到達するために解脱する!




                      そして、その涅槃にたどり着くために
                      獲得しておく手段を智慧といいます。


                      お釈迦様の残された智慧の体得、
                      実践項目を学んで智慧を獲得していくことです。




                      釈尊が残された教えを日常に引き寄せ
                      乱れた心が整えられていく体感、
                      偏った欲望に支配されず
                      自由な心で正しくモノを見る力を得る。?

                      お坊さんの修行は、
                      本来これを目指していました。





                      仏教とは何か
                      何をするものなのか
                      何を目指しているのか



                      解脱すること、であり
                      (苦しみを完全に解消すること)


                      解脱によって涅槃に入ること、であり
                      (安らかで豊かな境地になること)


                      その為に必要な智慧を得ること、です。




                      ともすれば、
                      仏教の目的は「智慧の獲得なんだぜ」
                      という言葉に集約できちゃいますね。



                      そして
                      この智慧の獲得が完了できたことを




                      悟りを開くといいます。



                      仏と同じ悟りを開く……

                      仏と同じ境地を目指す……



                      すなわち












                      「仏になること」!
                      ( ̄▽ ̄)ヒャー




                      仏になる、つまりこれを一言で


                      成仏!




                      そう!
                      成仏を目指すのが仏教です。


                      ※成仏するのが目的!という文章、
                      ここだけを読んだら、なんだか
                      めちゃドン引きブログ。笑笑




                      仏教用語を外して言ってみると




                      我々の心は欲求(煩悩)だらけ。
                      それが一定の法則でうごめいているよー。
                      なぜそうなるのか、のカラクリがあるよー。
                      まずカラクリを知ろう。

                      カラクリを知ると、お次は
                      それを消滅する方法ってのがあるから
                      それを学んで試していくと
                      マジ、ちょ〜幸せ!になるよー。


                      それって老若男女、みんな同じ働きなんだよ。
                      これらの法(変わらぬ真理)を発見して
                      達成していった方々を仏というんだよー



                      が発見してくれた教えを学ぶことが「仏教」!


                      それをやってみると、
                      短気だったはずの自分が
                      何だか苛立たなくなって


                      ごめんなさい、とか言えるようになって
                      ありがとう、が日常に増えて
                      チョー幸せで
                      しかも、その幸せは色あせないんだぜぇ…



                      ザックリ言うとこんな感じです。笑笑


                      ぜんぜんザックリとちゃう?



                      その為には、
                      まず自分の心がどのような状態にあるかを
                      しっかり見ることが大事。






                      外界に犯人を作りたくなる心、
                      自分には責任がないと思いたい心、
                      今の自分は過去のせい、と思いたい心
                      愛されないのは、愛してくれない相手が悪い
                      と思っている心、




                      こんな寂しい心がわんさかいるかもしれない。


                      その自分の深いところの心を
                      「どれどれ?私よ、どんなだ?ん?」


                      素直に見つめる
                      ところから始めるのも仏教の特徴。




                      心静かに合掌する姿は
                      深い自分とつながる姿です。




                      まとまりの悪い文面になりましたが




                      つまりは、
                      苦から脱出=解脱
                      解脱により得る平安の境地=涅槃
                      それを目指して学ぶ手法=智慧


                      この3ステップをスローガンにして
                      心を律していく楽しい実践哲学が仏教です。






                      楽しい?






                      そう、楽しいのです。なぜなら








                      結果が早いから!






                      というのが私のまとめです。
                      近々あるご法話会でお話しになるのですね?
                      うーむ。
                      違うモノを望んでおられたなら失礼しました。
                      ( ̄ー ̄)
                      飾らずに、
                      取り急ぎ瀧本の言葉で書きました。


                      ……光静……
                      警戒地区の皆さま
                      どうかお気をつけくださいますよう







                       

                      おしょーにん * - * 22:29 * comments(0) * -
                      このページの先頭へ